肌荒れや酷い生理痛の原因にもなる
性ホルモンの乱れ。
何となく気にしているという人も
多いんじゃないかと思います。

ホルモンは、専門家にも完全には理解されていない
ミステリアスな分野ではありますが、
ある日突然、未知のパワーによって
ホルモンが乱れるということもありません 笑

ホルモンの乱れも、主に生活習慣や
食生活に起因しています。
なので、健康的な生活を心がければ
ある程度はホルモンの調和を保てます。

でも、ここ20年ぐらいで特に増えたのが
女性ホルモンであるエストロゲンが
体内に増え過ぎる現象です。
この状態を「エストロゲン優勢」と呼びますが、
おそらく、現代女性のホルモン問題の
一番大きい原因の1つです。

エストロゲンには、他の性ホルモンとの
調和を保つ働きがあるため、
エストロゲン値を正常な状態に保つことは、
何かとホルモンの問題を起こしやすい
現代人にとっては欠かせません。

 

【なぜエストロゲンばかり増えるのか】

あなたは、環境ホルモン(内分泌かく乱物質)
という言葉を聞いたことがありますか?
これは環境中に存在する化学物質で、
「偽物」であるにも関わらず体内に入ると
本物のホルモンと酷似した動きをし、
実際にホルモン作用を起こしてしまうという厄介な物質です。

そして、今の世界には、
特にエストロゲン作用を誘発する
環境ホルモンが溢れているんです。

また、私たちの体が「悪い」エストロゲンを
作り出してしまうこともあります。
東洋医学によれば、肝臓が弱っていたり、
代謝能力が低下していることが原因だと言われています。
もしくは、気(生命活動の原動力)が
下がっているためだとも考えられています。

最後に、医薬品、特に低用量ピルや
ホルモンセラピーに使われる薬、
ホルモンを放出するタイプの子宮内避妊器具(IUD)
などに含まれる人口のエストロゲンも、
エストロゲン優勢の原因になります。

 

【エストロゲン優勢にならないために】

体の中に必要以上にエストロゲンが
増えないようにするためには、
次のようなことが効果的だと言われています。

 

1.プラスチック製品を使うのを控える

プラスチックには環境ホルモンが
含まれていることで有名です。
プラスチック容器、ペットボトル、ラップ、
ポリ袋など、特に食品と接触する
プラスチック製品の利用は極力避けましょう。

プラスチックは、薄く軽いものほど
成分が溶け出しやすく、熱することで
さらに食品が汚染されます。

プラスチック容器を電子レンジなどで
温めるのは出来るだけ止めて、
直射日光に当たったペットボトル飲料等も
飲まないようにしましょう。

 

2.動物性食品に気を付ける

食肉や動物性食品に含まれる可能性のある
成長ホルモン剤も、環境ホルモンの1つです。
また、成長ホルモン以外にも、
特に安価な肉や卵では、抗生物質などを通して
「悪い」エストロゲンが私たちの
体に入って来る可能性があります。

動物性食品を買う場合は、
出来るだけ製品の出所が分かる商品、
オーガニックの製品を選ぶようにしましょう。

今たくさん肉を食べているなら、
まずは動物性食品の摂取量を
減らすことから始めると良いでしょう。

 

3.野菜も出来るだけ有機栽培を買う

野菜や果物に用いられる
化学肥料も環境ホルモンの1つで、
体のエストロゲンを増やします。

可能な時は、出来るだけ
無農薬、低農薬栽培の野菜を
買うように心がけましょう。

ファーマーズマーケット、
産直市場、野菜スタンドから買えば
値段もそこまで高くはありません。

あと、ハーブ類はオーガニックの種を買って
自分で育てるのが一番安くて良いです。

 

4.フィトエストロゲンにも注意

フィトエストロゲンとは植物の中に
自然に存在するエストロゲンで、
これも体の中に入るとホルモン作用を起こします。

通常は食べ過ぎなければ体への影響はありませんが、
大人ニキビなど、既にホルモンが原因の問題に
苦しんでいる人は、一時的に食べる量を
減らしてみても良いと思います。

フィトエストロゲンを含む食品には
次のようなものがあります。

大豆と大豆製品(特に発酵していない製品)、
その他の豆果類、豆類、フラックス(亜麻)、
ゴマ、ナッツ類、ぬか、アルファルファ、
ビール、サンフラワーシードなど。

特に大豆や豆は、加工食品のかさ増しに
使われたりするので、自分が思っている以上に
口に入っている可能性があります。

 

5.シャンプー、ボディーソープ、化粧品

パーソナルケアや美容関連の商品も
実は環境ホルモンが沢山入っています。
しかも、殆どの製品はプラスチック容器に
入っているし。

もう、お分かりだと思いますが
現代人の便利な生活は、
本当に「悪い」エストロゲンだらけなんです!
ホルモンの乱れが蔓延するのも良く分かります。

私なら、大豆がどうのよりも、
まずはこれらの製品を、
よりナチュラルなものに変えることから始めます。

 

6.水を飲んで運動して下さい

不必要なエストロゲンを追い出すには、
体のデトックス作用を促すことが欠かせません。

人間にとってデトックスと言えば
主に排泄と発汗です。
この2つに注目することで、
「悪い」エストロゲンを排除しようとする
体の働きを助けてあげることが出来ます。

デトックスに限ったことで言えば、
水分はお茶やジュースよりは水がおススメです。
朝起きたら、最初に飲むのは
水かぬるま湯にすると良いでしょう。

また、軽い運動や半身浴、サウナなどで
発汗を通したデトックスをすることも忘れずに。

 

【まとめ】
残念なことに、環境ホルモンが
完全にゼロの生活をすることは
今の生活を維持しながらでは無理でしょう。

かと言って、私は原始人生活を始める予定もないので、
今のところはとにかく「出来るだけナチュラルに」を目標に
体のエストロゲンが増え過ぎないような
生活を心がけています。

最近は「ナチュラル」や「オーガニック」が
ブームになっているので、
ナチュラル、ナチュラルと言っていると
流行ばかりを追いかけるダサい人だと
思われてしまいそうですが、
ここで、ハッキリと言いましょう。

ナチュラルやオーガニックに凝るのは、
仮に理由がただ「流行ってるから」であっても、
健康と環境に多大なる利益をもたらします。
これは、紛れもない事実です。

なので、周りは気にせず
思いっきりブームに乗っちゃってください!
ナチュラルな生き方を選ぶ人が多くなればなるほど
私たちも幸せになるし、地球も幸せになります。

これ以上良いことって、他には無いのでは?

それでは★

 

LOTS OF LOVE,
SATORI X

 


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は2~3ヶ月前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

目まぐるしく変わるナチュラルヘルス業界の3ヶ月は
他の業界の数年分にも匹敵するぐらい
情報量が多いと言われています。

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村