今日は何人かの方にもらっていた
グリーンスムージーについての質問に
2つまとめて答えたいと思います。

Q: 高速回転のミキサー/ブレンダ―を使うと
熱で酵素が破壊されてしまうのではないですか?

Satori’s A: 食品酵素の種類にもよりますが
大体のものは人間の体温(37.5℃)以上で
変性し始める(簡単に言えば壊れ始める)
と言われています。

生の野菜や果物に含まれる酵素が
本当に人間の健康のために役に立つのか
どうかについては賛否両論がありますが、
私は少なくとも消化の助けにはなっているのでは
ないかと個人的には思ってます。
なので、私も出来るだけ酵素をキープ出来るような
調理方法を心がけています。

グリーンスムージーの
温度を測ったことがありますか?
なければやってみると良いと思います。
一般的には高速ブレンダ―で1~1.5分以上
回してしまうと、温度がローフードとしては失格の
約45℃以上になると言われています。
ただし、その日の気温や野菜の保存方法によっても
スムージーの温度は変わってくるので
次に作った時に温度計で中身の温度を
測ってみれば、大体どのぐらいの時間
ブレンダ―を使えばよいのかがつかめると思います。

ご存知の通りVitamixやBlendtec などの
プロの料理人も使用する様なブレンダ―は
5~6分も回せば暖かい野菜スープが
ブレンダ―の中で出来てしまうぐらいの
パワーがあります。
なので、酵素やローにこだわるなら
使用時間には注意しなければいけませんね。

ただし、実際のところ
ヘルシー志向の人やローフーディストのほとんどは
高速回転のブレンダ―を使っています。
第一、低速回転に特化したブレンダ―というのは
ほぼ存在していないに等しいです。
「低速ブレンダ―=安くて力のない
ブレンダ―」という感じです。

じゃあなんで、ジューサーに関しては
ほとんどの人が低速回転にこだわるのかと言うと
正直分かりかねます。

ジュースはスムージーに比べて
出来上がった後の酸化スピードが早く、
酸化が進むにつれてジュース自体の酵素の量や
栄養分が減っていくと考えられているので、
出来るだけ酸化反応が起こりずらいようにするために、
低速回転ジューサーを使うという人もいます。

あと、ブレンダ―の単純粉砕よりも
ジューサーで野菜から水分を取り出す作業の方が
野菜自体に与えられる負荷が重く熱がこもりやすいので
低速の方が良いという人もいます。

また、単純に低速でじっくり水分抽出した方が
無駄なくより多くのジュースが作れるので
水分の少ない葉物野菜をジュースにしたい人は
低速を選んでいる人が多いと思います。

それから、まぁこれが
一番の現実的理由かなとは思いますが
低速ミキサーでは硬い野菜の繊維や
果物の種までは粉砕出来ませんので
例え低速でグリーンスムージーを作っても
飲みたいと思えるクオリティーのものが
出来ないことが多いというのがあると思います。

もも、バナナ、アボカド、レタスぐらいなら
低速機でも大体滑らかになりますが
ケール、水菜、モロヘイヤなどは難しいですし
ラズベリーの種やフラックスシードなんかは
全く粉砕されずそのまま残って
しまうこともありますよね。

それなら、高速で短時間回した方が
いいんじゃないのかと
思う人が大多数なんだと思います。

最後に、何度か言っていますが
いくら生野菜や果物には食品酵素がたっぷり
含まれているからと言っても
基本的に食べ物を正常に消化するためには
唾液に含まれる消化酵素が欠かせませんので
スムージーは唾液の分泌を促すために
必ず「噛みながら」食べてください。

 

Q: グリーンスムージーを夜や朝多めに作って
作り置きしても大丈夫ですか?
毎回作った方が良いのは分かっているのですが
時間がありません。

Satori’s A: 大丈夫です!
キッチリと蓋が閉まるガラス瓶などに入れて
冷蔵庫で保存して下さい。
多少は酸化しますが、問題なく飲めます。
空気に触れている部分は変色するので
気になるなら上の部分だけ
飲む前にすくって捨てても。

酸化防止対策としては
よく、ガラス瓶を紙袋などに入れて
冷蔵庫内の光が当たらないようにすると
良いというのがありますが
私の経験上、特に変化は見られませんでした(汗)

どうしても変色が気持ち悪いと思う人は
柑橘系の果物を入れたスムージーだと
多少変色のスピードが遅いです。

また、作り置いておくと
悪い菌が繁殖してしまうのではないかと
心配している人もいるようですが
これも、野菜、ミキサー、まな板、包丁等が
キレイに洗えていて、出来たスムージ―を
ちゃんと冷蔵庫の中で保存出来ていれば
まず問題はありません。

作り置いたものでも、低温殺菌している
市販の野菜ジュース等に比べれば
断然栄養面では勝っていると思いますよ^^

とは言え、私も夜作って朝飲んだり
朝作って夜飲んだり、出来るだけ
12時間以内に飲み終えるようには心がけています。

 

LOTS OF LOVE,
SATORI X

 


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は2~3ヶ月前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

目まぐるしく変わるナチュラルヘルス業界の3ヶ月は
他の業界の数年分にも匹敵するぐらい
情報量が多いと言われています。

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

 

chocolate

今日は、そろそろバレンタインに向けて
プレゼント用のチョコレートの準備を
考え始めている人もいると思うので
少しチョコレートの話をしたいと思います。

 

【元祖スーパーフード】

チョコレートと言えば、健康ヲタクの間では
「カカオ」を意味するのはご存知だと思います。
カカオとはチョコレートの主原料で
あのチョコレート独特のほろ苦い味の元になっている食品です。

カカオは中南米が原産で紀元前1900年ごろから
料理、治療、儀式等に幅広く用いられ、一時期は通貨としても
使われていた貴重且つ神聖な食材というイメージです。

その後カカオは世界中に広まり、主にチョコレートとして
一般的に食されるようになり、最近では
「スーパーフード」としての知名度も高まっています。

実際に、ロサンゼルスが発祥であるスーパーフードブームの
キッカケになった食品と言っても良いでしょう。
つまり「元祖スーパーフド」な訳です。

 

【スーパーフードと呼ばれる理由】

カカオがスーパーフードとして認識されるようになった理由は
ただ、昔から漢方的な使われ方をしていたとか
スピリチュアルな食品として扱われてきたという
だけではありません。科学的な理由があります。

1.世界一アンチオキシダントを多く含む食品

食品の抗酸化能力を測る場合に酸素ラジカル吸収能(ORAC)
というメソッドが使われますが、
カカオの数値は95,500 µmol /100g。

世界で二番目にアンチオキシダントを多く含む
ゴジベリー(クコの実)の数値は25,300。
日本でも人気のアサイーは18,500。
一般的な食品で最も抗酸化物質を多く含むと言われる
ブルーベリーは2,400。

まぁ、つまりカカオの数値は神的とも言えるわけです。

2.気分を明るくしてくれる

一般的なミルクチョコレートが気分を明るくしてくれると
感じるのは、主に白砂糖による効果と
お菓子を食べているという満足感によるものですが
カカオにはそれ自体に「幸せホルモン」として知られる
エンドルフィンやセロトニンの分泌を
促す働きがあることが立証されています。

またテオブロミンやフェネチルアミンなど
天然の「気分向上」成分と言われる物質も含んでいます。

チョコレートで気分が明るくなったり
落ち込んでいる時にチョコレートが食べたくなるのには
砂糖以外にもちゃんとした理由があるんですね。

この他にも、良い脂肪、ビタミンB類、カルシウム、
マグネシウム、鉄分など、人間にとって大切とされる
ビタミンやミネラル、アンチオキシダント等が
300種類以上含まれていると言われ、
心臓病予防や脳機能の向上にも良いとされています。

 

【過去の栄光】

スーパーフードブーム自体が落ち着いてきている
こともありますが、カカオが「スーパーフードの王様」の
地位を不動のものとしていた時代も終わりました。

と言うのもカカオは良い所ばかりではないということが
徐々に分かってきたらです。
理由は簡単にまとめると次の通り。

・パウダーは加工食品である(ホールフードでない)
・カフェインを含んでいる
・中毒性がある
・肝臓に負担がかかる食品である
・腎臓と副腎の機能低下を引き起こす場合がある
・アフラトキシン等の自然発生するカビを含む場合がある
・原住民はカカオの実は食べたが、
種の部分はごくたまに薬として使う程度だった

この様なリスクや副作用から、超健康食品として
扱う人が少なくなったという訳です。
まぁ、あの強烈なえぐ味と苦味のある食品を
好きなだけ食べてもいいなんて、落ち着いて考えれば
あり得ないと誰でも気づくと思いますが、
ブームの間は盲目になりがちですからね。

ただ、絶対に食べてはいけないとう訳では
全くありません。

考え方としては、コーヒーみたいなものだと思ってください。
コーヒーもアンチオキシダントを豊富に含み
健康食品として捉える人もいるぐらいですが
飲み過ぎると吐き気や頭痛がしたり、眠れなくなったり
最悪の場合胃炎になる人もいますよね。
コーヒーによるカフェイン中毒の人も多いと思います。

つまり、嗜好品として扱えば良いということです。

カカオパウダーやカカオニブを
健康食品扱いして毎日食べるのは勧めませんが
たまにスムージーに入れたり、チョコレートとして
食べる分には良いと思いますし
現にうちのキッチンにもカカオパウダーは常にあります。

必ずしもスーパーフードとは呼べないかも知れないけれど
普通のミルクチョコレートに比べれば
健康食品には違いないですからね。

 

【代用品】

という訳なので、バレンタインぐらいは
本物のカカオでチョコレートやカカオを使った
デザートを作れば良い訳ですが
カカオ絶ちしたい人には、キャロブをおすすめします。

キャロブはマメ科の植物の果肉を乾燥させたもので
通常粉末の状態で売られています。
パウダー自体に甘みがあり、風味がチョコレートに似ています。
カフェインフリーです。

ローの物も売っていますが
ローストしているタイプの方がよりチョコレートに近い
味がするので、お菓子に使う時にはそちらの方が良いです。

 

【基本のキャロブチョコレート】

:基本材料:
キャロブパウダー 1cup
ココナッツオイル 1cup

:おまけの材料:
甘味料 大さじ2(粉末or液体)
バニラエキストラクト 小さじ1

:作り方:
鍋にココナッツオイルを入れ、弱火で溶かす。
完全に溶けたら火から下し、材料を全て入れて良く混ぜる。
容器や型に流し込み、冷蔵庫か冷凍庫で固まるまで
冷やして完成!

:ポイント:
オイルを煮たて過ぎたり、火から下さずにキャロブを入れると
分離するので気を付けてください。
よりカカオの風味に近づけるためには
インスタントコーヒーを少し足すと良いです。
もちろん、嫌でなければカカオパウダーを足してもOK。

お菓子作りって、楽しいですよね。
特に誰かを想って作っている時は。

カカオチョコとキャロブチョコ。
両方作って食べ比べるのも楽しいかもしれませんね。

それではまた次回!

 

LOTS OF LOVE,
SATORI X


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は2~3ヶ月前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

目まぐるしく変わるナチュラルヘルス業界の3ヶ月は
他の業界の数年分にも匹敵するぐらい
情報量が多いと言われています。

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

 

rip100raw

【お知らせ】
100%ローフードブームは完全終了致しました!

いや…
本当は数年前に既に死に絶えていたんですが、
今日はハッキリとその終焉をお知らせしたいと思います。

デトックスや治療食としてではなく
通常食としての100%ローフードは
その健康へのベネフィットがあるか否かに関わらず
アメリカでのブームは終わりました。

今は年々下火になる一方です。

もちろん、ブームはまた帰って来るでしょうけどね。
どのダイエットもそうであるように。

 

【今回は第三次ブーム】

今現在のローフードブームは
1998年頃に始まったとされ、
3~4年前まではかなりの人気を博していました。

実は今回のブームは第3次ブームと言われていて
ローフードは1920~1940年代に一度、
そして1970年代にも一度ブームを巻き起こしています。

今回のブームが初めての流行の様に感じられるのは
第2次ブームまでは、情報源が書籍や
その他の出版物に限られていたからでしょう。

たまたまローフードに出会っても
インターネットがないので、疑問に思ったことは
図書館で調べたり、本の著者に手紙を書いて
返事が来ることを願うしかありませんでした。

なので、100%ローと言うコンセプトは
確かに注目を浴びていたけれど、
多くの人にとって、それほど身近な物には
ならなかったということです。

この状況を簡潔にまとめると
ローフードのみを食べる食事形式は
今回ようやく日の目を見たというよりは
ブームの再来と言った方が
実際の表現としては正しいでしょう。

 

【15年続いたブームの終わり】

何を持ってブームの終わりを決定付けるか
ということは中々難しいですが、
まずは、私の体感かな。。。

とりあえず、
ナチュラルヘルスコミュニティー内で
ローフード、ローフードと言ってる人が
とにかく少なくなった!!

オシャレなローフードカフェなんかは
もちろん今でも流行ってるけど、
「100%を目指してる」とかって言う話を
最後に聞いたのは….思い出せないぐらい昔の話です。

また、6~7年前ぐらいまで
ローフード界の人気者・セレブと言えば
デイビッド・ウルフ、ダニエル・バイタリス、
マット・モナークの3人でした。

この3人がイベントやネット上で
コラボでもすれば、まさに鬼に金棒といった
ローフード業界のロックスター達でした。

しかし、ローフードブームの収束に伴い
この3人も既に別々の道を歩き始めています。

ダニエル・バイタリスは
「リワイルディング」(野生に帰る)という
コンセプトの元、100%ロー卒業どころか
完全に肉食復帰しています。
狩りなどで捕った動物を骨や内臓まで
全て感謝して頂くという、
先住民的な思想というか考えを推しています。

マット・モナークは今もなお
ほぼ100%ローヴィーガンらしいですが
体がクリーン過ぎて市販のローココナッツチップスを
食べただけでも1日鼻水が止まらないなど
「ん?」と思うような発言ばかりが
注目を浴びています。

ちなみに彼は、このライフスタイルを続ける
ためだけに、エクアドルの田舎に引っ越しています。

最後にデイビッド・ウルフですが
彼が本当に100%ローだった期間はそれほど
長くはないのではないかと思います。
と言っても、大体の100%ロー推しのセレブは
ハイローであって、100%ローではない場合が
ほとんどなので、彼だけが特別な訳ではありませんが…

彼のセミナーでも、最近は昔の様に
100%ローや100%ヴィーガンのゴリ押しは
いつのまにか一切しなくなりました。
ヴィーガンに関しては、気づけばいつの間にか
蜂製品を自分の会社で作って売り始めてましたしね。
まぁ、それは余談ですが。

 

【これからのローフード】

ローフードブームが過ぎ去った後
私たちがどれだけ健康でい続けられるかは
ローフードのコンセプトをいかに
残せるかということにつきる思います。

加熱した野菜とローフードの違いは
ビタミン、ミネラル、酵素の量だけでは
ないと考えられています。

加熱することによって野菜そのものの構造が変わるため、
加熱、非加熱、両方食べてこそ
野菜が持つ本来のパワーを完全に吸収できると
思われているからです。

普通の食事ではやはり加熱野菜が多くなりがちなので、
私が声を大にして言いたいのは
「グリーンスムージーをブームで終わらせるな!」
ということです。

ローフードブームが終わっても
ローフードは出来るだけ取り入れていきたい。
そんな状況の中で
スムージーは一番お手軽で楽しく作れ
より多くの生野菜を食べる事が出来る
魔法のレシピと言っても過言ではないでしょう。

お野菜多めのいつもの食事に
グリーンスムージーをプラスするだけで
本当に到達したい理想の健康に
ぐっと近づきます。

 

LOTS OF LOVE,
SATORI X

 


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は2~3ヶ月前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

目まぐるしく変わるナチュラルヘルス業界の3ヶ月は
他の業界の数年分にも匹敵するぐらい
情報量が多いと言われています。

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

 

IMG_20150614_185047

 

最近は健康や美容のために
ローフードを食事に取り入れている人も
多いと思います。

野菜、果物、ナッツ等を
そのままの状態、つまり生で食べることは
身体の浄化作用を高め、
生の植物に含まれる酵素は
細胞の若返りをサポートしてくれる
とさえ言われています。

ところでこのローフード、
一体どれぐらい食べれば良いんでしょうか?
私もその昔は100%を目標にしていたことも
ありましたが、知識と経験が増えるに従って
今はもっと柔軟になってきています。

人それぞれ目指している場所は
違うと思いますが、
今日は100%、75%、50%、0%の
4種類に分けて、良い点、悪い点、
注意点などをそれぞれ説明します。

 

【100%ロー】

基本的には常に生しか食べない
かなり厳格なローフードの食べ方です。
糖尿病やガンの治療にも
効果があることが分かっており、
ホーリスティック医療の現場でも
用いられる食事療法です。

とてもクリーンな食事なので
始めると身体のデトックス力が一気に上がり、
肥満解消などにも効果があります。

ただし、長期的な100%ローは
全ての人に出来ることではありません。
生の野菜と果物だけで生活することは意外に難しく
食事の準備や外食での苦労以外にも
摂取カロリーの計算、糖質と脂質のバランスなど、
細かいことにも注意して
毎日の献立を考えなければいけません。

また、特殊な食事である以上
定期的な血液検査による健康管理も推奨されます。
生の果物を大量に食べるので、
虫歯が深刻な問題になる可能性も高いです。

 

【75%ロー】

一般的な「High Raw(ハイロー)」が75〜80%です。
ハイローとは、加熱食品も食べるけど、
食事の大半はローフードというスタイルで、
多くの「ローフーディスト」と呼ばれる人たちは
最終的にこの辺りに落ち着いている人が多いと思います。

「超健康」を目指している人で、
このレベルを目標にしている人は多いですが、
その一方で、肥満気味や糖尿気味など
病気ではないけれど健康が損なわれている人にも
勧められる食事法です。

デトックス効果は100%ローに比べると
穏やかですが、その分続けやすくなっています。
一番の要因は穀物などのカロリーの高い炭水化物を
調理して食べることが出来るため、
100%ローのように「食べても食べても
摂取カロリーが足りない!」という事態を
回避することが出来るからです。

特に健康体重の人の場合
毎日の必要摂取カロリーをクリアすることは必須なので、
100%ローで標準体重まで落としたら
75%に移行するというパターンも多いです。

75%達成の方法にもちょっとしたルールがあり、
例えば月曜〜金曜まで5日間連続ローフードで
週末だけ突然全て加熱食という方法だと
体に負担がかかって良くないと言われていて、
25%分の加熱食を毎日食べた方が良いとされています。

 

【50%ロー】

私の普段の食事がこれです。
「出来るだけロー」という感じですかね。
50%を数えるわけでもなく、
それより多いことも少ないこともあります。

ここまでくると、ローフーディストではなく、
「ローフードを取り入れている」という
感覚になると思います。

健康的な体重で、ヘルシーな食事を
したいと思っている人にオススメの%です。
また、腸が弱っていたり敏感で
大量の生の食物繊維を消化することが
難しいという人にも良いです。

 

【0%ロー】

ローフードが体に良いことは
立証済みですが、それでも食事の大半を
加熱食にした方が良いと言われる人たちもいます。

例えば低体重で消化器官に問題がある人。
このタイプの人は、体重を増やし、
消化力を標準レベルまで上げることが出来るまでは
ローフードを試みるべきではありません。

世間には痩せたい人が圧倒的に多いので
ローフードは全ての人の健康に良いと
思われがちですが、低体重の人の場合
時には白米などの精製食品を食べて
健康改善に取り組まなければいけない人もいます。

 

【まとめ】

ローフーディストの間では
未だに特に理由もなく100%ローに憧れたり
100%ローの人を尊敬したりする
風潮がありますが、
これに流されないことが大切です。

人それぞれ、必要なローフードの量は違います。
同じ人でも、季節や体調によって
ローフードの摂取量が変わる人もたくさんいます。

私自身の場合、冬より夏にローフードが
食べたくなるのはもちろんのことですが、
なぜか、ロサンゼルスにいる時の方が
日本にいる時よりも、グリーンスムージーに
手が伸びる確率が高いです。
風土も関係あるのかもしれません。

それでは☆

 

LOTS OF LOVE,
SATORI X

 


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は3ヶ月前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

目まぐるしく変わるナチュラルヘルス業界の3ヶ月は
他の業界の数年分にも匹敵するぐらい
情報量が多いと言われています。

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

 

今週もやってきました、

金曜日―!!!

FRIDAYですね。

 

 

さてさて、私はローフードについて
個人的にはどう思ってるんでしょうか・・・?
答えはビデオの中!

 

今日の質問:ローフード、どのぐらい食べてますか?
コメントに書いてね!

 

LOTS OF LOVE,
SATORI X

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村