今回はLNH読者さんから頂いた
こんな質問に答えてみました。

 

「わたしが物心ついたときから困っていることは、
洋服に出る脇の汗染みです。
洋服屋さんに行っても、その事ばかり考えてしまって、
あまり楽しめないし、いつも似たような服になってしまいます。」

 

質問ありがとうございます!

質問者さんは高校生なんですが、
私のブログに出会ってから白砂糖も絶っているという
向上心の強いステキな方です♪

私が高校生の頃なんて・・・

と、そんな話は置いといて、
実は私も手の平と足の裏の汗が酷く、
本当に冗談じゃなく、
キーボードが壊れるんじゃないかと思うぐらい
手に汗をかくんです。

そんなこんなで、
長い間色々と調べて来ました。

実は、まだまだ分からないことが多い分野なんですが、
今日は、私が今までに学んだことを
シェアしたいと思います。

 

【多汗症の原因】

人間は、体が熱くなり過ぎると
汗を放出することによって体内温度を下げ、
体温をコントロールしています。

なので、発汗は人間の生死に関わる
大切な生理的メカニズムなんです。
しかし、中には体温に関わらず、
沢山の汗をかく人がいます。

人間の場合、汗腺は手の平、足の裏、脇、顔、
そけい部などに特に集中しているため、
これらの部分での多汗に悩んでいる人が
一番多いでしょう。

体がそこまで熱くないのに汗が出る場合、
緊張、ストレス、精神不安が理由になることがあります。
例えば、大切な試験や仕事の前に
緊張から手に汗をかくのは良くあることですよね?

また、体温や精神状態と関係なく
生活に支障を来す程の発汗がある場合には、
身体機能の失調と見なされ
「病気」としての治療をする人もいます。

しかし!
多汗で悩む人の多くは
病気を患っている訳でもないし、
おそらく、緊張なんか全くしてなくても
なぜか、大量に汗をかいてしまうんですよね。

じゃあ、このような症状に原因や
具体的な解決方法があるのか•••

残念ながら、一般的な西洋医学では、
理由も良く分かっていなければ、
改善方法もない、という風にみなされています。

私もその昔病院で、「体質だから仕方が無い」と
言われたことがありました。

 

【多汗症状と交感神経】

多汗はハッキリとした原因がないため、
東洋医学やナチュラルヘルスの専門家の間でも、
明確な解決方法は無いと言う人が多いです。

ただ、ホルモンの乱れや神経システムの乱れが
なんらかの形で関係していると考えられているため、
食生活や生活習慣を改善することで
ある程度症状が軽減されるのではないかと言われています。

特に、交感神経系が過敏な状態になっていると、
たとえ体自体がリラックスしていても、
体内は猛獣に襲われているかのごとく緊張し、
いつでも「戦闘」または「逃避」が出来る様に身構えています。

そして、緊張していればもちろん汗も出て来ます。
このことから、多汗軽減に一番効果があると考えられているのは、
交感神経を落ち着かせることです。

 

【交感神経を落ち着かせる方法】

交感神経とは元々とても敏感な器官で、
色んなことにすぐ反応してしまいます。
でも、これはある意味仕方がないことなんです。

なぜなら、本当に猛獣に襲われた時に
体が「緊張」状態を瞬時に作り出すことが出来なければ、
生命が危機にさらされるからです。
体を危険から守るために、
交感神経は敏感である必要があるんです。

ただ、実際には敏感が行き過ぎると、
過敏状態になり、色んな不都合が出て来ます。

交感神経を落ち着かせる方法には
次のようなことがあります。

 

1.好きなことをしてストレス解消

定番ですが、買い物、スポーツ、料理、ハイキングなど
意識して、自分が心から楽しめることをやって
常に心が幸せな状態を保つことが大切です。

 

2.ヨガ•メディテーション

ヨガやメディテーションは心と体の
バランスを取りたい時に最適なツールです。
特に体内エネルギーの調節をしてくれると言われる
プラーナーヤーマ(ヨガの呼吸法)が
心の平穏を保つために良いと言われています。

 

3.デジタルデトックス

スマホ、タブレット、PC、読書デバイスなど
ブルーライトを放出する電気機器は
脳を覚醒させ、交感神経を不必要に刺激すると言われています。

最低でも、寝る前1時間は使うのを控えましょう。

 

4.体に合わない食品を避ける

意外かも知れませんが、体に合わない食品も
交感神経過敏の原因だと言われています。

アレルギーがある食品やアレルギーじゃなくても
相性が悪い食品を食べると、免疫システムは
体内細胞をダメージから守るために必死に働きます。
この「必死の働き」が続くと、
交感神経はこれを「ストレス」としてとらえ、
その結果、発汗を含む、緊張している時や
不安な時と同じような体の反応を引き起こします。

アメリカで良く聞くのは、隠れアレルギーの人も多い
牛乳を飲むのを止めたら
多汗症状が改善されたと言う話。

 

★この他にも、ハーブティーやアロマ、半身浴など、
リラックス効果があると言われていることで、
自分が好きなことがあれば、
積極的にやってみることをお勧めします。
逆に、「リラックス」という感覚も人によって全く違うので、
自分が特に好きじゃないことを無理して試す必要も無いです。

 

【まとめ】

「体質」で片づけられる事が多い多汗ですが、
改善の余地がない訳ではないようです。

私もストレスを溜め込みやすいタイプで、
出来るだけ心の平穏を保とうと日々努力しています。
生活習慣を改めてからは多汗症状も
少しずつですが、確実に良くなって来ました。

また、私の場合、季節によって
多汗症が酷い時もあれば、そうでない時もあるので、
必ずどこかにより大きな改善のカギがあると思っていて、
どうにかこの「酷くない期間」を長く出来ないかと、
日々その方法を探っています。

また、見つかったら絶対ブログで報告しますね!

あと、汗を内側からではなく、外側から改善する方法も
ないことは無いので、機会があればまた
まとめて紹介したいと思います。

それでは☆

 

LOTS OF LOVE,
SATORI X

 


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は3ヶ月前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

目まぐるしく変わるナチュラルヘルス業界の3ヶ月は
他の業界の数年分にも匹敵するぐらい
情報量が多いと言われています。

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村