lchforhclf

今日はLNH読者のKeyさんからの
メールに返信したいと思います!
前回のメルマガについてですよ♪
(中略部分あり)

「Satori-san,

いつも役立つ情報をありがとうございます。
今回のメルマガに関しての質問というか、
ご意見を伺いたいです。

高脂肪、 低炭水化物の食事療法が糖尿病、
心臓 病、小児肥満症、アルツハイマー、認知症、
癲癇等の病気治療にも大変役にたつという
検査結果を発表している 医師達(下記の)が増えています。

Dr. David Perlmutter, Robert H. Lusting (MD), Paul Jaminet (Ph. D.),
Prof. Tim Noakes, Alejandro Junger (MD), Mark Hyman (MD)…などなど

上記の専門家からの研究結果が出ていても、
やはりLCHFは流行であり、
食事療法としてはプラントベース、
ヴィーガンのHCLFの食事療法が
健康には一番適しているとお考えでしょうか?
もしくはやはり人それぞれ、
自分の体によいベストな食事を探すべきなのでしょうか?

あまりにも情報が多すぎて、
将来的な健康を考えた時に迷いが多く、
特に三大栄養素の部分でもあるので
正直本を読めば読むほど、
記事を読めば読むほど迷いが出てきます。

Satoriさんのご意見を伺えますか?

よろしくお願いいたします。 Kay」

Keyさん、メールありがとうございます!

「人それぞれ、自分の体によいベストな食事を
探すべきなのでしょうか?」

その通りです。

 

【LCHFとHCLF】

低糖質高脂肪食LCHF (Low Carb High Fat) と
高糖質低脂肪食HCLF (High Carb Low Fat)は
究極の二択と考えらえがちですが
実はそうではありません。

まず、(そんな人はいないと思いますが)
もし生活習慣病になりたければ、
糖質と脂質を両方たっぷり摂る
高糖質高脂肪HCHF (High Carb High Fat)の
食事をするのが、一番の近道です。

もうずいぶん前から糖質と脂質は
代りばんこに悪者扱いされてきました。
炭水化物や砂糖の摂り過ぎが良くないと聞いた翌日に
本当は脂肪が良くないんだ!と聞くことは良くありますよね。

しかし、実際には一番悪いのは
糖質と脂肪を両方とも沢山摂取することです。
この組み合わせはまさに致命的です。

例えば二型糖尿病は
血中に糖分が増え過ぎて起こる病気だと
一般的には思われていますが
炭水化物の摂取量が時折食事全体の80%にも
及ぶと言われているアジアの国々で
欧米諸国より糖尿病の発症率が低いのは何故でしょう?

もちろん環境や加工食品の普及率、運動不足など
色々な理由が上げられますが、
一番の原因は血中の脂肪量だと考えられています。

血中に糖が増え過ぎると体は
インスリンというホルモンを放出して
血糖値を下げる作業をする訳ですが、
糖の量があまりにも多いと、脂肪の燃焼を一時中断し、
血糖値低下作業に集中します。

食事が脂肪過多でなければ、
これでもなんとか健康を保てる訳ですが、
脂肪の多い食事をしていると、
徐々に体に取り込み切れない脂肪が
血中に留まっていきます。

そして、血中に必要以上の脂質と糖質両方が
常に存在している状態が続くと
ホルモンの乱れに始まる連鎖反応で
健康な生命活動が徐々に阻害され、
結果的には生活習慣病などの病気へと繋がっていきます。

がん治療で有名な
ニコラス・ゴンザレス医師(Dr. Nicholas Gonzalez)は
「高糖質でがん治療を進める患者もいれば
低糖質の方が良い結果が出る患者もいる。
だから、健康な人に関しても1種類の食事で
万人が健康になることはない、と考えるのは
難しいことではない」と述べています。

別の言い方をすれば、
糖分と脂肪分の摂取量が健康的な範囲内であれば
LCHF でもHCLF でも
健康になれる可能性はあると言うことです。

LCHFで健康になったと言う人がいる一方で
HCLFで健康になった人がいるのも
偶然ではないんです。

 

【どちらかと言えば・・・】

ただ日本人の場合
どちらかと言えば高糖質低脂肪の食事を
昔からしてきていますので、
こちらの方が体に合う人は多いでしょうね。

人間は寿命が長いので中々
食事がDNAに与える影響と言うのが
見えてきませんが、豚などの家畜では
違う食事を与えていると世代を追うごとに
育つスピードや筋肉の付き具合、体格など
色々な面で明らかな変化が現れてくることが
分かっています。

良くも悪くも、日本人は炭水化物多めの
食事をしてきましたので、他の人種に比べて
体質的に米等の消化吸収能力が
高いという事は十分に考えられます。

その証拠に、マクロビベースの玄米中心食で
思うような結果が得られない欧米人は
少なくありません。

個人的には今のところ
昔ながらの雑穀を取り入れた野菜たっぷりの
サッパリした日本食が一番良い
という結論に達しています。

トピックが大きいので、
まだまだ答え切れていないところもありますが、
また追々話していきたいと思います。
質問があれば、このメルマガに返信してください。
疑問に答える形でお話しするのが
一番手っ取り早いと思うので(*´▽`*)

それではまた次回!
LOTS OF LOVE,
SATORI X


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は2~3ヶ月前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

目まぐるしく変わるナチュラルヘルス業界の3ヶ月は
他の業界の数年分にも匹敵するぐらい
情報量が多いと言われています。

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村