earthing

今日はもしかしたら全く聞いたことのないかも知れない
新しいコンセプトを紹介したいと思います。

その名も「アーシング」です。

 

【アーシングとは】

Earth(地球)+ing(進行形語尾)でEarthing(アーシング)です。
別名グラウンディング(ground+ing)とも言います。

アーシングと聞くと
自動車や電気機器の話かと思うかもしれませんが
そうではありません。

アーシングのコンセプトは、一言で言うと
「私達の体を地球とコネクト(繋げる)することで
地球が持っているヒーリングエナジーをもらう」というものです。

「コネクト」の方法はいたって簡単で
素足で地面を歩くだけです。
地球と触れているだけでいいんです。

こういう風に説明すると、
スピリチュアルなことなのかな?と思うかもしれません。
もちろんそういう側面もあるし、
地面や土から元気や勇気を貰えるといった考え方は
昔からどの文化にもありました。

しかし、ホントにこの10年ぐらいで
急激にその言い伝えと言うか信仰が
科学的に証明され始めたんです。

 

【科学的アーシング】

現代人の身体は「炎症」している、と聞いたことはありませんか?
体内の炎症は、本来ならば免疫系統がウイルスやバクテリア等の
外敵から体を守るためにフリーラジカルを放出した際に起こる現象です。

フリーラジカルとは特定の細胞から放出され
外敵の侵入の拡大や、傷ついて不安定になった細胞が
悪さをするのを防ぐ役割を担っています。

ただし、今の時代、環境汚染、アレルゲン、添加物など
「外敵」とみなされるものが異常に多いため、
体内にフリーラジカルが増え過ぎ、
常に体が炎症している状態にあります。

全ての外敵が避けられればフリーラジカルは
自然と減りますが、そんなこと出来ませんよね?

良い方法があります。

実は、このフリーラジカルと言うのは、
プラスに充電された分子なんです。
なので、マイナスのエネルギーを注ぎ込めば
中性化し、おとなしくなるんです。

そして、地球の表面(地面)は
偶然にも私たちが知りうるものの中で
最もマイナスのエネルギーを蓄えている場所なんです。

なので、地面に触れると
フリーラジカルが沈静化し
同時に体内の炎症も落ち着くと言う訳です。

上手く出来てますよね。

 

【実践してみよう】

やり方は本当に簡単です。
一番良いのは素足で土、砂、石、コンクリート、芝生などの上を
歩いたり、そこに寝転がったりすること。

塗装が施してあるコンクリートや
アスファルトは導電性が無いのでNGです。

靴、洋服、靴下、ブランケットなども
綿や麻などのナチュラルな繊維でできているものならOK。
もちろん、ウールや革も導電性があります。

海や川で泳いでも同じ効果が得られます。

ちなみに、コンセントに繋ぐだけで
同等の効果が得られるシーツなんかも
アメリカでは売られています。

 

【アーシングのベネフィット】

「炎症系」と呼ばれる病気や症状には
何らかの効果が期待されます。

例えば、アレルギー、喘息、がん、心血管疾患、糖尿病、
線維筋痛症、全身性エリテマトーデス、腎不全なども、
体内の慢性炎症と深い関わりがあるとされています。

身近なところでは
腰痛、肩こり、頭痛、生理痛の緩和を
経験する人が多いと思います。
心も落ち着きます。
あと、時差ぼけにも効果があります。

 

【物は試し】

とりあえず、聞いても良く分からないと思うので
とにかく一度試してみて下さい。
20~30分もあれば体が楽になります。

アーシングに時間の上限はありません。
ビーチや芝生に好きなだけ寝転がってください。

私もその昔パソコンでの激務を強いられていた時
昼休みに近くの公園で裸足になってみたんです。
そしたら、午後には全然上がらなかった肩が
上がるようになりました。

あと、パソコンの見過ぎによる頭痛も
スーッと引いて行きました。
ホントに不思議でしたよ。
最初は思い込みかと思いましたが、
実際に仕事効率も上がって驚きました。

連休中に試してみてはどうですか?
また一つ、外に出かける理由が増えましたね(´艸`*)

それでは☆

 

LOTS OF LOVE,
SATORI X

 


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は2~3ヶ月前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

目まぐるしく変わるナチュラルヘルス業界の3ヶ月は
他の業界の数年分にも匹敵するぐらい
情報量が多いと言われています。

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone