fullfattrend

 

健康への第一歩は
「ホールフード」を食べること。
これは、中流家庭以上の一般的なアメリカ人の中にも
徐々に浸透しつつある考え方です。

ハリウッドでも一昔前まで人気だった
クッキーダイエットや
サプリメントを多用したダイエットではなく
ヘルシーなホールフードをしっかり食べて
運動することで長期的に魅力的な体を作っていく・・・
という大きな流れが出来てきています。

その証拠に、ハリウッドセレブが
相次いでヴィーガン関連のビジネスをスタートさせています。
まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いで拡大している、
それがホールフードのムーブメントです。

しかし・・・!

やはり出ました。
このホールフードのコンセプトを取り違える人たちが。

植物油などを酸化加工して作られる
ナチュラルとは正反対の道を行くマーガリンや
加工を施して脂肪分を減らした低脂肪バター。

こういった加工食品ではなく
普通のバターを食べよう!という動きが
今アメリカでちょっとした話題になっています。

実際に、ニューヨークタイムズ紙の記事によると
去年、バターの売り上げは前年に比べて14%も増加し、
今年の3月までにさらに6%も上昇しているとのこと。

また、今年に入って全脂肪乳の売り上げは11%増加し、
無脂肪乳の売り上げは14%も減少しているのだとか!

これは、かなり大きな変化です。

ニューヨークタイムズの記事は
クレディ・スイスの消費傾向レポートから
データを取っているんですが、このレポートによれば
赤肉と卵の消費も今後増えていくと予想されています。

【きっかけ】

なぜ、この様な流れになってきているのか・・・
それには色々な理由が考えられます。

まず、低迷が続く食肉・酪農業界は
常に製品の売り込みと動物性食品の汚名返上に
多大な資金を注ぎ込んでいますので
その資金投下が何らかの形で成功した可能性があります。

次に、最近ダイエット業界でも
パレオダイエットやブレットプルーフ(防弾)ダイエットなど
「ホールフード」推しのプランが人気です。

人気と言っても、実際に本を手に取る人は少なく
細かいルールはあやふやなまま
「肉やバターを食べても痩せられる」
「全脂肪の方が健康的」というメッセージだけが
一人歩きしてしまっている状態です。

実際にウチの旦那さんも
パレオダイエットは好きなだけ肉を食べても良い
痩身食だと勘違いしていました。

そして、この消費者の悪意のない勘違いに
食肉・酪農業界が乗っかる形で
様々な宣伝を次から次へと打ち出すものだから
消費者は次にスーパーに行った時に
いつもの低脂肪ではなく、全脂肪の製品に
手が伸びるという訳です。

【マーガリンよりバター・・・の続き】

全脂肪の流行は非常に危険です。
なぜなら、殆どの人は乳製品だけ全脂肪のホールフードにこだわって
結局、他の食品はいつもと同じ加工食品を食べるから。

そんなことをしたら、一瞬で極度の脂肪過多に陥るし、
ほんとに元も子もありません。

一方、健康志向の人で
「ホールフードダイエット」の意味を理解している人は
この様なミスを犯すことはおそらくないでしょう。

ただし、「マーガリンよりバター」で止まっていたのでは
理想的な健康を手にすることは出来ません。

ヴィーガンでなければ、
バターは健康な脂肪分の1つとして数えられることが多いです。
動物性の油は何でもそうですが、熱に強く
加熱してもその構造が変わらないため、
調理にも向いています。

ただし、乳製品は
乳牛に与えられる抗生物質やその他の薬を間接的に
体に取り込んでしまう危険性がある他に、
乳牛の暮らす環境や、酪農が地球に与える
悪影響など様々な面で問題があります。

お隣さんがオーガニック牧場を経営しているとか、
自分で牛を飼っているなら話は別ですが、そうでない場合は、
クリーンでエコな乳製品を手に入れることは
そう簡単ではありません。

また、最高品質の油となれば、
動物性のものは、植物性のものより断然高価なので
経済的でもありません。

【脂肪分の摂取源】

じゃあ、どこから脂肪を摂ったら良いのかという話ですが、
ホールフードであれば別に何からでも構いません(*´▽`*)
そこまで大量に必要なものではないので。

個人的にはと言うか、
一般的にはこの順番で数字が大きくなるほど
ナチュラル・健康とされています。

1. バター・肉・魚<
2. ココナッツ、ヘンプなどのコールドプレスオイル<
3. ナッツ&シード<
4. アボカド<
5. 野菜・果物

マーガリンよりは絶対にバターですが
バターよりはコールドプレスオイル、
オイルよりはナッツ、シード、アボカドなどの
ホールフーズの方がより健康的です。

最後に野菜・果物と書いてありますが
実はアボカドやオリーブなどの明らかに油っぽい
品種以外の野菜や果物にも
ごく少量ですが脂肪分は含まれています。

その証拠に、ヴィーガンのボディビルダーでも
体脂肪率をゼロにすることは出来ません。
これは、体が必要な脂肪分に
しがみついて離さないというのもありますが、
どんな野菜にも脂肪分が含まれている
からでもあります。

私も昔は色んなオイルを試すのが好きだったし、
「上質な植物性脂肪分」を必ず食事に
取り入れるように最新の注意を払っていました。
なぜなら、ナチュラルヘルスの専門家は
みんなその様に言うから。

でも、結局は脂肪分って美味しいから食べてしまうし、
今は摂り過ぎに注意しているだけで
「必ず取り入れるように」努力したりはしていません。

逆に、オイルも加工品だからと、
完全にオイルフリーの生活をしたこともありましたが
これも今はやっていません。
オイルを全て野菜やナッツで置き換えると
料理の幅が狭まってしまうし、
現代人らしい食生活が出来なくなってしまうから(笑)

全てはバランスですね、結局。

今日はここまで!
また来週☆

 

LOTS OF LOVE,
SATORI X


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は2~3ヶ月前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

目まぐるしく変わるナチュラルヘルス業界の3ヶ月は
他の業界の数年分にも匹敵するぐらい
情報量が多いと言われています。

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

クリックしてね★

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村