うちの家では、災害時や断水等に備えてペットボトルの水を常備しています。冷蔵庫の中やキッチンの戸棚など常に500mlのものが25本は置いてあると思います。でも、普段この水を飲むことはありません。ペットボトルには出来るだけ避けたい理由が沢山あり通常時はあまり口にしたくないと思うからです。私の周りも飲まない人が多いです。今日は、ペットボトルの水はどうして健康志向の人から嫌われるのか…についてお話ししたいと思います。

 

【ペットボトルの水が好かれない理由】

主な理由を簡潔にまとめると以下のような感じになります。

1.ペットボトルはほとんどリサイクルされない(地球と環境に悪い)

ペットボトルって、ちゃんとリサイクルされていると思っている人が多いと思います。なぜなら、スーパーに回収ボックスがあったり一定量を集めて持って行くと買い取ってくれる機関さえありますよね?空き缶や古紙と同じで、大部分のペットボトルは再利用されてどこかで第2の人生を送っているイメージです。しかし、アメリカ合衆国環境保護庁の発表によると、2011年の時点でリサイクルされていたペットボトルは全体の29%のみ。残りの71%は焼却処理(大気汚染)後に廃棄されたりそのまま埋め立てられたりと、環境に多大なる悪影響を与える形で処理されている現状が明るみになりました。この状況は現在でも改善されておらず日本でもほぼ同じ状態だと言われています。また、毎年70万トンものプラスチックが大海に流れ出し、海の生き物とエコシステムが窮地に追いやられている訳ですがこのプラスチックの多くも消費者からゴミとして出たペットボトルだそうです。さらに、ペットボトル1本に水を詰めるためにはペットボトル3本分の水が必要だとされており水資源の節約という観点から見てもペットボトルと環境との相性はまさに最悪と言えるでしょう。

2.「ペットボトルから毒が流れ出す」は本当(健康に悪い)

ペットボトルには、人間に害があるとされる物質がおよそ80種類も含まれていると言われています。この80種類のうちどのぐらいが溶けだして実際に私たちの体に入るかは分かりませんが、多くの研究から、かなりの数の有害物質がペットボトルに詰められた水から検出されることが分かっています。ペットボトルの原材料も様々ですが製造業者は特に原材料を消費者に提示することを義務付けられていないのでどんな有害物質が含まれているかを知ることさえも困難なのが現状です。また、これはアメリカの話ですが、アメリカ食品医薬品局は、経費削減と時間短縮のためにプラスチック容器に添加されたり製造過程で使われる化学薬品についても詳しい分析はしていませんので、ペットボトルが本当に安全な形で消費者の元に届いている保証は全くありません。わざわざ水をペットボトル入りで買う理由はどこにも見当たらないですよね。

3.何が入っているか分からない

最後に実際の水の話です。日本でも「天然水」と呼ばれる地下水などの湧き水を自然な形で集め、ろ過して最低限の加工のみで売られるタイプのペットボトル水の水質について不純物が検出され、工業汚染の影響を受けているのではないか、などとたまに話題になることがあると思います。ペットボトルの水は水道水の様に事細かに水質がチェックされることはありませんので、何が入っているかなんて本当に闇の中です。アメリカでは市場に出回るペットボトル水の
約半数近くが「ボトルウォーター」と呼ばれる水道水をろ過加工しただけのもので、この事実が最初にニュースになった時には「水道水にお金を払わせていたのか!」とかなり問題になりましたが、今では水質もろくにチェックしていない天然水タイプの方が危険だとする意見さえ出てきています。確かに、天然水と一言に言ってもピンキリで、実際に「ミネラルウォーター」として売られる水の多くは出所の怪しい天然水を浄水し、ミネラル分等を添加して味を調えた加工水です。

 

【何を飲めばいいのか】

ペットボトルの水を飲まなければ何を飲めばいいのか分からないという人も中にはいると思うので、その他の選択肢をあげてみます。

1.湧き水
天然水を自分で採りに行く!これが1番でしょうね。

2. 井戸の水
お家に井戸がある人はラッキーですね。ただし、水質検査は忘れないでくださいね!

3. ウォーターサーバーの水
水質にも疑問があるし、プラスチックに水が入っているという点でもあまりペットボトルと変わらない気がしますがゴミを減らすことは出来ます。

4. 浄水機の水
家庭用の浄水機を設置して水道水をフィルターして飲む。

ちなみに、うちは3の浄水機の水を主に飲んでいます。シンクの下に設置する家庭用の浄水機を使っています。フィルター交換にお金はかかりますが全体的に見ると経済的だしお米も水道水で炊くよりも美味しいです。水道水が料理に使える地域の人は羨ましいです。LAの水道水って不味いんです。日本でも水道水のクオリティや味に地域差があることはご存知だと思いますが、アメリカでもそれは同じで、特に都市部の水は美味しくありません。

昔ネバダ州の郊外に旅行で行って自分が飲んでいた水が水道水だと聞かされた時にはビックリしました。LAの水はかなりキツイ塩素の匂いがして薬の様な味がし、どんなに喉が渇いていても吐き出してしまうレベルなんです(汗)水道水だと気づかずに飲むなんてまずあり得ません。

水分補給が大切な時期が近づいてきましたが今年は、自分が飲むペットボトル水の消費量をどれぐらい減らすことが出来るでしょうか?ぜひ目標を決めてチャレンジしてみてくださいね。ただし!脱水症状等には要注意。汗をかいている時は、どんな水でもとにかく飲んで体の潤いをキープしてください。何ごともバランスが大切♪

 


【ご存知でしたか!?】
LNHの特集ブログ記事は3ヶ月~半年前に
メルマガ読者だけに限定公開されているんです!

無料メルマガに登録して、
誰よりも早く最新の情報を手に入れてくださいね♪

 

 

クリックしてね★

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone