もうすぐクリスマスですね。ワクワク( *´艸`)

毒のある果物と皮やヘタを食べる時の注意点

この記事は約7分で読めます。

先日のスムージーについてのブログで、「スムージーは何でも入れてOKな自由なドリンク」だとお話ししましたが、実は、果物の中には、種や皮に注意が必要なものがあります。

いつも普通に食べている果物の中にも、天然の毒素を含むものがあるんです!

しかも、スムージーにすると、いつもとは比べ物にならない量を食べられてしまうので、この天然の毒素には、より注意が必要なんですよね。

と言うことで今回は、より安全なスムージー生活を送るために知っておきたい、毒のある果物と、種、皮、ヘタなどの、いつもは捨ててしまう部位についてお話しします。

毒がある果物

こんなにかわいい見た目のサクランボにも天然の毒素が入っています。

核果(かくか)

核果(かくか)と呼ばれる、果実の真ん中に大きな種が1つ入っているフルーツの中には、アミグダリンという物質が含まれており、動物や人間が食べると、体内でシアン化合物と呼ばれる、天然の毒素を発生させます。

シアン化合物とは、青酸を含む天然の有害物質の総称で、中毒になると死に至ることもある猛毒です。 一般に広く出回っているフルーツでは、桃、ビワ、アンズ、ウメ、さくらんぼ、プラム、スモモなどにこのアミグダリンが含まれています。

あまり知られていない理由

「全然知らなかった!」と驚いた人もいるのではないでしょうか?

そうなんです。これらのフルーツに天然の毒素が含まれていることは、意外に知られていないんです。なぜかというと、「常識的な方法」で、「常識的な量」を食べていれば、まず、中毒になることはないからなんです。

熟した果実に含まれる有害物質はごくわずかで、無視できる程度と言われていますし、種は捨てるのが普通ですよね。

また、梅は熟す前に「青梅」の状態で食べることもありますが、普通は梅干しや梅酒など、加工して食べられます。この加工の過程で、シアン化合物は大幅に分解された状態になります。

さらに、例え小さいサクランボの種などを誤飲してしまったとしても、消化されずに排泄されるので、中毒になる可能性は極めて低いと言われています。

こういった理由で、危険な物質を含んでいるのにもかかわらず、知らない人も多いんです。

私も初めて聞いた時にはびっくりしたよ。知らないって怖いよね(汗)。

常識的な方法で、常識的な量を食べない時代

先ほど、「常識的な方法で、常識的な量を食べていれば、まず、中毒になることはない」とお話ししましたが、今、この状況が変わってきています。

ハイパワーブレンダーとフードプロセッサー

実は、果物の種や分厚い皮まで粉砕、または液体化できる強力な調理器具が一般家庭に普及し始めて、「種や皮は捨てる」という行為が、「当たり前」ではなくなりつつあります。

動画投稿サイトなどで、豪快にフルーツを丸ごとプロ仕様のハイパワー(高速)ブレンダーに放り込む映像を見たことがありませんか?

確かに、食べられる種であれば、種の栄養分まで吸収でき、種を取り除く手間も省けて便利ですが、食べてはいけない種であった場合には、とても危険です。

特に、スムージーなどにして飲めば、一度に大量の種を食べることも可能ですし、熟れていない青い果物を無理やり食べることさえできますので、シアン化合物中毒になる可能性が昔に比べてかなり高くなってきています。

種を原料にした健康食品

スーパーフードが流行し始めてから、「種」が健康食品として注目され始めました。確かに、どんな大木も小さな種から生まれることを考えると、どれだけの生命力が種の中に宿っているのかが想像できるかと思います。

ただ、種はベストな時期を見極めて発芽しますので、発芽するまでに時間がかかることがあります。この待っている期間中、自らの身を外敵やカビなどから守るために、天然の毒素を持っている種も多く、その毒素の中には人間に害を及ぼすものもありますので、注意が必要です。

ビワの種の粉末を回収

2017年には、ビワの種を粉末にした「健康食品」から高濃度のシアン化合物が検出され、商品が回収になる事件が複数回起きています。

農林水産省の公式ウェブサイトによると、

高濃度のシアン化合物が検出されて回収が行われているビワの種子粉末食品のうち、特に濃度が高いものでは、小さじ1杯程度の摂取量でも、健康に悪影響がないとされる量を超えて青酸を摂取してしまう可能性があります。

農林水産省:「ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう」より引用

とのことです。

ビワぐらいの小さい種なら、ブレンダーにポイっと入れてしまいそうですが、必ず取り除くようにしましょう。

皮は食べて大丈夫なの?

「果物は皮に栄養がある」と聞いたことがある人も多いと思います。また、スムージーも、「皮まで食べられる」ということで、人気が出たという一面もあります。

実際に、柑橘類の皮にはビタミンCや抗酸化物質が豊富に含まれていますし、キウイの皮には果肉の3倍もの食物繊維が含まれているといいます。

ただ、皮も種と同じように、食べるべきではないものがあります。

避けたい果物の皮

「キウイの皮が食べられるなら、何の皮でも食べられるだろう!」と思ってしまいそうですが、実は食べられないものもあります。

ザクロ

ザクロの皮は、絶対に食べない方がいいです。

ザクロの皮には、根っこや樹皮ほどではありませんが、ペレチエリンなどの、昔から体内の寄生虫駆除などに使われてきた、天然由来の物質が含まれています。

場合によっては、この成分で中毒症状を起こすこともありますので、皮は口には入れないでください。

マンゴー

マンゴーはウルシ科の果物ですが、うるしのアレルギー成分であるウルシオールと似た、マンゴールと言われる成分が含まれています。これは、触れるとかぶれ(接触性皮膚炎)を引き起こす成分で、特に皮の部分に多く含まれています。

マンゴーでかぶれたことがない人も、たくさんスムージーにして皮を食べるのはおすすめしません。口の周りがかぶれるだけで済めばいいですが、のどがかゆくなったり、呼吸困難を起こす可能性もゼロではありません。

私もマンゴーの品種によっては、皮をむいているだけで手がかゆくなったりするから、皮の処理には気を付けてるよ。

食べられる皮の判断方法

果物の皮って、苦かったり、渋かったり、異常に硬かったりすることがありますよね。実はあれも、果物が自分の身を守るために、わざわざそういう作りになっていると信じられています。

ですので、基本的なルールとしては、「普通に食べられる皮でなければ、無理してスムージーに入れる必要はない」と言うことです。

例えば、アボカド、パイナップル、バナナ、ライチ、パパイヤなどがそうですね。

あと、ザクロの皮もそうですが、漢方薬として使われるような果物の皮は、ビタミン、ミネラル、食物繊維以外に、何か人間の体に働きかける天然の有効成分が入っているということですので、生のまま、しかもスムージーにして大量に摂取することは避けた方が無難です。

どうしても食べてみたい果物の皮がある場合は、ちゃんと調べてから食べることがポイントです!

果物や野菜の皮には、農薬が残っていることがありますので、丸ごと食べたい場合には、出来れば有機栽培のものを使うことをおすすめします。

また、中にはワックスなどでコーティングされているものもありますので、皮をよく洗うことも大切です。

ヘタは食べていいの?

捨てる方向でいいと思います

果物や野菜のヘタは、栄養面でも安全面でも、無理に食べる必要はないでしょう。

種類にもよると思いますが、ヘタの部分に特に栄養分をたくさん含む野菜や果物は聞いたことがありません。

また、トマトのヘタにトマチンという有害物質が少量含まれているように、他の野菜や果物のヘタにも、私たちが知らないだけで、天然の毒素が含まれている可能性は大いにあります。

ですので、わざわざヘタをスムージーに入れて大量に食べる必要はないと思います。

雑菌とカビ

実は、有害物質の有無や栄養分の話の前に、ヘタには雑菌が多く、カビが付きやすいという問題もあります。

スムージーは生の野菜と果物で作りますので、食中毒などを避けるために、ブレンダーに入れる前に材料を丁寧に洗う作業が必須です。

しかし、ヘタの雑菌を完全に取り除くことは難しいため、雑菌の多いヘタは、取ってしまった方が安全と言えます。

また、特に有機栽培の野菜や果物に多いのですが、ヘタの付け根の部分が腐ってカビが生えている場合があります。それをスムージーにしてたくさん食べてしまうと、間違いなくお腹を壊します!

私の友達にも、ぶどうやいちごのカビでお腹を壊した人を何人か知っています。

特に、小さいお子さんや高齢の方は生死にかかわるような状況にもなりかねませんので、絶対にカビには用心してください。

まとめ

いつも普通に食べている果物にも有害物質が含まれているなんて、とっても意外ですよね。しかも、種や皮などの、普通は捨ててしまう部分に含まれることが多いので、中々気づきずらいのも難点です。

「毒素がゼロの食べ物はない」という人もいるぐらいですから、どんな食品も、大量に食べる場合には注意したいものです。

スムージーに入れる食材も、ローテーションで変えていくと、一定の野菜や果物に偏らないので、より安全ですよね。

ちなみに、毎日スムージーの食材を変えるのは大変なので、1週間のローテーションにするのがおすすめですよ!

タイトルとURLをコピーしました