もうすぐクリスマスですね。ワクワク( *´艸`)

絶対後悔するグリーンスムージーの飲み方6

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、Satoriです。

健康、美容、ダイエットに、とっても人気のグリーンスムージー。「毎日飲んでる!」という人も、多いのではないでしょうか。

しかし、実は、グリーンスムージーにも、「正しい飲み方」があります。

そして、ルールを守らないで適当に飲んでいると、後で絶対に後悔することになります。

そこで今日は、グリーンスムージー歴10年越えの私が、スムージーを飲むときに、犯してはいけないミスを、6つ紹介していきたいと思います。

この6つさえ、押さえておけば、グリーンスムージーは、きっとあなたの味方になってくれます!

それでは、さっそく、「絶対に後悔するグリーンスムージーの飲み方」を見ていきましょう。

1.噛まずに飲む

グリーンスムージーを、噛まずに飲む」のは、犯してはいけない最大のミスです。

グリーンジュースと違って、グリーンスムージーには、たっぷりと繊維質が含まれています。この繊維質を、シッカリ効率よく消化するためには、唾液の存在が欠かせません。

しかし、スムージーを飲むときに噛まなければ、唾液が、十分に分泌されないのです!

消化不良を避け、せっかくの栄養分を逃すことなく吸収するためにも、スムージーは、噛みながら食べましょう。

噛まないでジュース感覚で飲んでしまうと、思うような健康・美容・ダイエット効果は得られません。

2. ダラダラと時間をかけて飲む

スムージーは、シッカリ噛みながら食べることが大切であると、お話ししたばかりですが、飲むのに時間をかけすぎるのも、良くありません。

スムージーをダラダラ時間をかけて飲んでいると、虫歯になります。

スムージーをゆっくり飲み過ぎると、長時間、口の中が酸性の状態になります。そして、これを毎日続けていると、必ず歯を痛めます。

一番良くないのは、スムージーを飲みながら作業をする「ながら飲み」です。

グリーンスムージーを作ったら、その場でパッと飲んでしまいましょう。スムージーは「作業のお供」には不向きです。

特に、フルーツ多めのスムージーの場合は、注意してくださいね。

3. ストローを使わない

スムージーは、ストローで飲まなければいけません。

なぜなら、歯が黄緑色になるからです。

グリーンスムージーを頻繁に飲んでいると、歯に緑っぽい黄色のステインがつきます。

このため、出来るだけ前歯や、歯の表の部分に、直接スムージーの液体が当たらないように、ストローで飲むのが鉄則です。

ハリウッドセレブが、ホットコーヒーをストローで飲んでいる写真を見かけたことがあるかもしれません。

あれも、コーヒーのステインを避けるためです(熱い飲み物に、プラスチックのストローはマネしない方がいいと思いますが)。

家でグリーンスムージーを飲むときは、洗って何度も使える、ガラスやステンレスのストローがおすすめです。

私個人的には、ストローの方が、中がキレイに洗えているかが見えるので、気に入っています。

専用のブラシを買うのも忘れずに!
(私が長年愛用しているピンクのガラスストロー。そしてお掃除用のブラシ)

4. 飲んだ直後に歯磨きする

歯にステインがつくと言っても、グリーンスムージーを飲んですぐ、歯を磨くのは良くありません。

なぜなら、歯の表面(エナメル)を傷つけてしまう可能性があるからです。

グリーンスムージーを飲んだ直後は、口の中が酸性になっていて、歯の表面も少し柔らかい状態になっています。この状態で、歯ブラシを使ってゴシゴシ磨いてしまうと、エナメルが傷ついてしまい、歯が敏感になることもあります。

飲んだ直後は、ステイン防止のために、塩水やマウスウォッシュなどで、歯を洗い流すのが良いと思います。

歯磨きは、少し待ってからにしましょう。

5. 毎日無理やり飲む

グリーンスムージーは、毎日無理やり飲んではいけません。

スムージーは体を冷やしますので、寒い時は飲みたくない日があるかもしれません。また、食物繊維がとても多く含まれていますので、飲み過ぎると、消化不良を起こすこともあります。

「スムージーを飲む習慣」は、美容やダイエットにもとても有効です。しかし、「習慣」といっても、必ず「毎日」飲む必要はないのです。

体調をしっかり見ながら飲んでいくのは、グリーンスムージーの、長続きのコツでもあります。

6. 食事の直後に飲む

スムージーを飲むタイミグは、目的によっても、好みによっても、人それぞれだと思います。

ただし、スムージーは、食事の直後に飲んではいけません。

理由は、食事とスムージーは「食べ合わせ」が良くないからです。

食事に含まれる動物性たんぱく質や炭水化物は、お腹の中で比較的ゆっくりと消化されます。反対に、野菜や果物は、素早く消化されます。

スムージーがお腹に入った時に、まだ先に食べた食事が消化されていないと、消化の順番待ちの間に、スムージーの糖分が醗酵し始め、ガスなどの、消化不良の原因になってしまいます。

どうしても、食後に飲みたい場合には、少量で我慢しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

グリーンスムージーにも、「正しい飲み方」があるんですよね!

私も最初は何も分からず、適当に飲んでいましたので、のちのち、すごく後悔しました。

特にデンタルケアは、歯科治療はお金がかかるし、ステインは中々取れないしで、本当に落ち込みました(汗)

みなさんは、私の失敗を参考に、ぜひ正しい方法で、より効率良く、グリーンスムージーの効果を吸収してくださいね。

楽しいスムージー生活になりますように!

タイトルとURLをコピーしました