もうすぐクリスマスですね。ワクワク( *´艸`)

一番美味しい「ステビアシロップ」の作り方(実験してみた)

この記事は約4分で読めます。
乾燥したステビアの葉っぱ

白砂糖を止めたい人や、糖質制限をしている人にも人気の甘味料「ステビア」。粉末や液体の製品も便利ですが、手作りしてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

実は、ステビアシロップは、ステビアの葉を煮るだけで出来てしまうので、料理が苦手な人でも簡単に作れます。

しかし、ステビアには独特の香りと苦みがあり、適当に作ってしまうと、「苦くて使えない!」なんてこともよくあります。この失敗は、どうしても避けたいですよね。

そこで今日は、私が4種類の方法で作ってみて辿り着いた、一番おいしいステビアシロップの作り方を、実験の結果とともにお話ししたいと思います。

ステビアシロップの基本

ステビアのシロップは、ステビアの葉からお湯や水で甘味成分を抽出して作ります。

シロップと言っても、糖質を含んでいませんので、サラっとした液体が出来上がります。「濃縮液」と言った方が、分かりやすいかもしれません。

よりシロップらしくとろみをつけたい場合には、寒天の粉や、ゼラチンを使ってみてくださいね。

準備するもの

今回4通りの作り方を試してみましたが、必要なものはすべて同じです。

材料

どことなく、ミントの葉のような見た目。もしくは、モロヘイヤ。
  • ステビアの葉(乾燥) 計量カップで50ml
  • 水 200ml

ステビアと水の分量の割合が、「1:4」であればOKよ! 

調理器具

  • 耐熱ガラスのなどの容器
  • 茶こし

検証した4つの方法

  1. ステビアの葉にお湯を注いで5分置く
  2. ステビアの葉にお湯を注いで30分置く
  3. ステビアの葉にお湯を注いで一晩置く
  4. ステビアの葉に水を注いで一晩置く

作り方

それでは、とっても簡単な作り方を、写真と一緒に見ていきましょう。

耐熱容器にステビアの葉を入れる

お湯、または水をそそぐ

そのまま軽く蓋をして、5分から一晩置く

ステビアの葉を茶こしでこす

完成です!

麦茶のようなきれいな赤茶色

結果発表

それでは、気になる結果を見ていきましょう。

見た目

上の写真だと、放置時間が長いほど黒っぽく見えるかもしれませんが、これは光とカメラの関係だと思います。実際にはほとんど全て同じ、赤っぽい茶色でした。

味に順位をつけると、以下のようになりました。

  1. 水出し一晩とお湯5分
  2. お湯30分とお湯一晩

水出し一晩とお湯5分、そしてお湯30分とお湯一晩は、それぞれほぼ同じ味でしたので、このような順位になりました。

しかし、1位と2位には天と地ほどの味の差がありました!

1位の2つがスッキリとした甘さで後味もあまりなかったのに対し、2位の2つは、甘さはより強いように感じたものの、後味の苦さが際立っていました。

煮てみた

実験後そのままでも十分甘かったですが、より少量で使えるようにするために、味が似ていた水出し一晩とお湯5分、そしてお湯30分とお湯一晩を一緒にし、それぞれ鍋に入れて約1/4の分量になるまで煮詰めました。

煮てみた結果

煮てみた結果は結構驚きでした。

見た目

完成\(^o^)/

2つの見た目は、煮てみてもほぼ同じでしたが、煮詰まった分、色はかなり濃くなりました。

味(衝撃の結末)

見た目では区別がつかない2つですが、味見をしてみると、元々苦かった方の2つを混ぜたものは、口に入れた瞬間「苦っ!」となり、なんと、甘味料としての使用は不可能でした。

また、一度出てしまった強く苦い後味は、水を足しても軽減されませんでした。

一方の、水出しとお湯5分の組み合わせの方は、煮ることによって甘さが増し、使いやすくなっていました。

もちろん多少の苦みはありますが、ドリンクや食べ物と混ぜると、ほとんど感じられない程度でした。

「水出し一晩&お湯5分」チームの圧勝です!

結論

一番手っ取り早く、美味しいステビアシロップを作る方法は、お湯を注いで5分待つ方法

最大のポイントは、ステビアの葉をお湯につける時間が長くなればなるほど、苦み成分が出てくるということです。

水、またはお湯の場合は短時間で素早く甘味成分を抽出し、ステビアの葉を取り除いてから煮詰める方法がベストのようです。

このことから、葉を入れたまま煮てしまった場合には、おそらく苦すぎて使えないものが出来上がると予想されます。

まとめ

今回の実験によれば、一番手っ取り早く美味しいステビアシロップを作れるのは、お湯を注いで5分間待つパターンでした。

なぜ5分にしたかというと、「大体ハーブティーは4〜5分蒸らすことが多いから」という単純な理由だったのですが、結果は大成功でした。

ステビアシロップを作るときには、ぜひ参考にしてみてください。

苦みの少ない、美味しいシロップが出来ますように!

タイトルとURLをコピーしました