「ステビアシロップ」の作り方:乾燥葉でも生葉でも美味しく出来ます!

こんにちは、Satoriです。

糖質もカロリーも「ゼロ」ということで、ダイエットや糖質制限中の人に、大人気の甘味料「ステビア」。

実は、このステビア、市販品を買わなくても、ステビアの葉さえあれば、家庭でも簡単に、シロップが作れてしまうんです!

ただし・・・

ステビアには、独特の後味と強い苦みがあり、適当に作ってしまうと、苦くて食べられません。

この失敗は、どうしても避けたいですよね。

そこで今日は、私が実験を繰り返して辿り着いた、「一番おいしいステビアシロップの作り方」を、ご紹介したいと思います。

ニーズに合わせて使える、乾燥葉使用、生葉使用、アルコール使用の、3パターンのレシピをご用意しました!

ステビアとは

乾燥ステビア
乾燥ステビアの葉

ステビアは、ハーブ(キク科の多年草)でありながら、 甘さが砂糖の200~300倍もある、とても不思議な植物です。

その甘さから、アメリカでは、単に「sweet leaf」(甘い葉)と呼ばれることもあり、糖質もカロリーも「ゼロ」の甘味料として、もてはやされています。

砂糖を止めたい人や、ダイエットしたい人には、うれしい甘味料です。

一番おいしいステビアシロップの作り方

それでは早速、作り方をご紹介していきます。

乾燥葉使用、生葉使用、アルコール使用のレシピを、順番に見ていきましょう。

乾燥葉を使ったシロップ

ステビアの乾燥葉は、ネットでも簡単に手に入りますので、おそらく乾燥葉でシロップを作る人が、一番多いのではないかなと思います。

乾燥葉は、香りの面では、生の葉よりは扱いやすいですが、それでも苦みなどがありますので、やはりシロップにして使うのが一番いいと思います。

材料

  • ステビアの葉(乾燥) 計量カップで50ml
  • 水 200ml

調理器具

  • ティーポット(または耐熱容器)
  • 茶こし

分量は、ステビアと水の割合が「1:4」であればOKよ! 

作り方

  1. 水を鍋に入れ火をつけて、沸騰させる
  2. ティーポットにステビアを入れ、上から沸騰したお湯を注ぐ
  3. 5分待つ
  4. 茶こしでステビアの葉をこす
  5. 完成!

ポイント

  • そのままでも美味しいですが、完成したシロップを、鍋で1/4の量になるまで煮詰めて、濃縮液を作ることもできます。濃縮液は、より少量の使用で甘さを感じられますので、使い勝手がいいと思います。
  • また、砂糖で作るシロップのような「とろみ」をつけたい場合には、寒天の粉や、ゼラチンを使うと、上手くできます。

生の葉を使ったシロップ

ステビアは、ハーブの中でも栽培が比較的簡単ですので、家庭菜園で育てている人も、いると思います。

収穫した生葉を、そのままハーブティーに入れて飲むことも出来、アメリカ人の中には「爽やかな風味」という人もいますが、ほとんどの日本人は、青臭くて飲めません(汗)。

このため、ステビアの生葉も、シロップにして使用するのが、一番おいしくいただける方法だと思います。

材料

  • ステビアの葉 10~15枚
  • 水 200ml

調理器具

  • 小さい鍋
  • 茶こし

作り方

  1. 鍋に水を入れ火にかける
  2. 沸騰したらステビアの葉を入れる
  3. 30~45秒煮たら火を止める
  4. 茶こしでステビアの葉をこす
  5. 完成!

ポイント

  • ステビアの茎は、ほかのハーブと同じく、苦みやえぐみが強いですので、使用はおすすめしません
  • 葉によって甘さが違いますので、甘さが足りないようであれば、使用する葉の量を増やすか、もう少し煮てみてください
  • 生の葉は、乾燥葉より甘味成分が多少抽出しずらいですので、お湯を注いで蒸らすよりは、サッと煮るのがおすすめです

アルコールで抽出するシロップ

シロップを、長期保存したい場合には、アルコールでステビアの甘味成分を抽出することも出来ます。

だだ、アルコールはカロリーが高いですので、「カロリー0」「糖質0」にこだわる場合は、避けたい方法ではあります。

カロリーが高いと言っても、ステビアシロップは少量の使用で甘くなりますので、そこまでこだわらないという人には、使えるレシピかと思います。

材料

  • ウォッカ 200ml
  • ステビアの葉 乾燥葉:計量カップで50ml、または生の葉:計量カップで150ml

ステビアの葉を計量カップで計る時は、ギュウギュウに詰めなくてOK。葉によっても甘さや苦さは異なるので、あくまでも目分量よ!

調理器具

  • ガラス瓶(蓋つき)
  • 小さい鍋
  • 茶こし

作り方

  1. ガラス瓶にステビアの葉を入れ、ウォッカを注ぐ
  2. 蓋をして、36~48時間置く(常温)
  3. 茶こしでステビアの葉をこし、ウォッカの液を鍋に入れる
  4. 沸騰させないように注意しながら20~30分弱火~中火で煮る
  5. 完成!

ポイント

  • ウォッカにステビアを入れたまま長期間放置すると、苦くなりますので、2日以上は置かないでください
  • 沸騰させてしまうと、これまた苦みの原因になりますので、低温でアルコールを飛ばすようにしてください

私が行った「一番おいしいステビアシロップ」検証実験

実は、私はステビアシロップにはこだわっていまして、どうやったら苦みを抑えて「一番おいしいシロップ」を作ることが出来るのだろうと、乾燥葉を使って、実験したことがあります。

この時は、4通りの方法で、水、またはお湯を使って、ステビアの甘味成分を、抽出しました。

この実験の過程で、「絶対避けたい作り方」も判明しましたので、予備知識として、サラっとご紹介したいと思います。

検証した4つの方法

  1. ステビアの乾燥葉にお湯を注いで5分置く(一番おいしい作り方)
  2. ステビアの乾燥葉にお湯を注いで30分置く
  3. ステビアの乾燥葉にお湯を注いで一晩置く
  4. ステビアの乾燥葉にを注いで一晩置く

材料・調理器具

必要な材料や調理器具は、全て同じです。

乾燥ステビアの葉 50ml、水 200ml、ティーポット、茶こし、鍋の5点!

作り方(写真付き)

それでは、とっても簡単な作り方を、写真と一緒に見ていきましょう。

1. ティーポットにステビアの葉を入れる

2. お湯、または水をそそぐ

3. そのまま軽く蓋をして、5分から一晩置く

4. ステビアの葉を茶こしでこす

5. 完成です!

麦茶のようなきれいな赤茶色

結果発表

それでは、気になる結果を見ていきましょう。

水抽出のラベルが微妙に間違っていますが、お気になさらず・・・

見た目

上の写真だと、放置時間が長いほど黒っぽく見えるかもしれませんが、これは光とカメラの関係だと思います。

実際にはほとんど全て同じ、赤っぽい茶色でした。

味に順位をつけると、以下のようになりました。

  1. 水出し一晩/お湯5分
  2. お湯30分/お湯一晩

水出し一晩とお湯5分、そして、お湯30分とお湯一晩は、それぞれほぼ同じような味でしたので、このような順位になりました。

しかし、1位と2位には、驚くほどの味の差がありました!

1位の2つがスッキリとした甘さで後味もあまりなかったのに対し、2位の2つは、甘さはより強いように感じたものの、後味の苦さが際立っていました。

煮てみた

より少量で使えるようにするために、濃縮液を作りました。

味が似ていた水出し一晩とお湯5分、そしてお湯30分とお湯一晩を一緒にし、それぞれ鍋に入れて約1/4の分量になるまで煮詰めました。

煮てみた結果

煮てみた結果は衝撃的でした。

見た目

完成\(^o^)/

2つの見た目は、煮てみてもほぼ同じでしたが、煮詰まった分、色はかなり濃くなりました。

味(衝撃の結末)

見た目では区別がつかない2つですが、味見をしてみると、元々苦かった方の2つを混ぜたものは、口に入れた瞬間「苦っ!」となり、なんと、甘味料としての使用は不可能でした。

苦みの感じ方は、人それぞれだと思いますが、本当に苦かったです(笑)。

また、一度出てしまった強く苦い後味は、水を足しても軽減されませんでした。

一方の、水出しとお湯5分の組み合わせの方は、煮ることによって甘さが増し、使いやすくなっていました。

もちろん多少の苦みはありますが、ドリンクや食べ物と混ぜると、ほとんど気にならない程度でした。

「水出し一晩&お湯5分」チームの圧勝です!

結論

水出しで一晩置いたものと、お湯で5分蒸らしたものは、どちらとも、使いやすい味に仕上がりました。

ただ、「Time is money(時は金なり)」ですので、結論は出ました。

一番手っ取り早く、美味しいステビアシロップを作る方法は、お湯を注いで5分待つ方法

補足:ステビアごと煮てみた

ちなみに、ステビアを乾燥葉ごと煮たらどうなるのかと思い、やってみました。

結果は、思っていた通り、苦すぎました。

これも、何通りかやってみたのですが、ステビアの葉からは、火力が強ければ強いほど、また加熱時間が長ければ長いほど、苦み成分が出てきました。

ということで、絶対に避けたい、ステビアシロップの作り方は、こちらです。

ステビアの乾燥葉を強火で長時間煮る方法

実験からの学び

  • ステビアの甘味成分は水でも抽出できる
  • ステビアは高熱で処理するほど苦みが出る
  • 一度出た苦みは消せない
  • 煮詰めたいときは、先にステビアから甘味成分を抽出し、葉をこしてから煮詰める
  • 生の葉と違い、乾燥葉は超短時間煮るだけでも、苦みが強くなる

まとめ

いかがだったでしょうか。

ステビアシロップ作りには、何通りもやり方がありますが、大切なポイントは同じです。

ステビアの葉自体に熱を加えすぎないことですね!

私の実験の結果、乾燥葉の場合、一番手っ取り早く、美味しいステビアシロップが作れるのは、お湯を注いで5分間待つ方法でした。

一番簡単な方法で作ったものが、一番おいしかったのは、意外でした。

自宅でステビアシロップを作りたいと思っている方は、ぜひ試してみてください。

おいしいステビアシロップが、出来ますように!

タイトルとURLをコピーしました