Twitterの趣味垢で確実に友達(フォロワーさん)を増やす方法

この記事は約10分で読めます。

こんにちは、Satoriです。

趣味の情報収集や仲間づくりのために、Twitterを始める人は多いですよね。

でも、実際やってみると「どうやってフォロワーを増やしたらいいのか分からない!」と、悩む人も少なくありません。

私も、今でこそ、SNSで趣味仲間を増やすのが得意ですが、始めたばかりの頃は、一体何から手を付けたらいいのか、全く分かりませんでした。

そして、悲しいことに、Twitterは、適当に自分のことを呟いてみても、誰にもフォローされないんですよね(泣)。

ただ、ネットを検索してみても「誰でもいいから、とにかくフォロワーを増やす方法」みたいなノウハウはたくさん出てきますが、「趣味について熱く語り合える仲間を探す方法」は、あまり見かけません。

でも、実は、コツをつかむことさえ出来れば、Twitterで仲間を増やすことは、とても簡単です。

そこで今日は、私自身が、Twitterで「親友」とも呼べる友人たちに出会った、フォロワーの増やし方を、ご紹介していきたいと思います。

趣味垢でフォロワーさんが増えないアカウントの特徴

まずは、フォロワーさんが全然増えないアカウントの特徴を、ご紹介します。

どれか1つにでも当てはまっていれば、改善の余地があるでしょう。

  • アイコン未設定
  • プロフィールの情報が少な過ぎる
  • つぶやきが少な過ぎる
  • 特定の趣味以外のことを話し過ぎる
  • 言葉が乱暴
  • 失礼な発言が多い
  • ネガティブなツイートが多い

他にもありますが、今あげた7つに当てはまるようなアカウントは、私なら、フォローしません。

仲間が増えるアカウントの設定方法

ツイッター

それでは、同じ趣味を持つ人から、「この人をフォローしてみたい!」と思わせる、アカウントの設定方法をご紹介します。

難しいことは1つもありませんので、すぐに実践できると思います。

アカウントは趣味ごとに分ける

まず、趣味垢の大前提として、アカウントは、趣味ごとに分けましょう。

1つの趣味に特化すればするほど、仲間は集まりやすくなります。

そして、Twitterには、仲間を増やすのと同じぐらい重要な目的があります。

「情報収集」です。

みなさん、自分の趣味に関連する情報を集めるためにTwitterに来ていますので、自分のTL(タイムライン)に、趣味関連以外の情報が流れてきて、知りたい情報が埋もれてしまうことを、すごく嫌います。

例えば、あなたが「ジャイアンツ垢」を持っていたとします。

この場合、あなたのTLは、「ジャイアンツ情報で埋め尽くされる」ことが理想です。

そんな中、同じく巨人ファンのフォロワーAさんが、好きな芸能人の話を永遠としていたらどうでしょう?

あなたのTLは、試合速報や、選手関連のニュース、 新しいグッズの情報などではなく、興味もない芸能人の情報で埋め尽くされてしまいます。

このようなTwitterの使い方をしていると、同じ趣味で意気投合していても、フォロー外しやミュートの対象になりかねません。

趣味と関係ないことを話すのが、ダメなわけではありません。

しかし、同じぐらい情熱をもって呟きたい趣味が複数あるのであれば、アカウントは分けた方が、より質のよい仲間が集まりやすくなります。

プロフィール設定

プロフィールには、自分の趣味をハッキリと記載し、身バレしない程度に、詳細を書くのがおすすめです。

個人的には、以下の5つの記載がある人は、フォロー率が高まります。

  1. 趣味
  2. 性別
  3. 年齢
  4. 住んでいる地域
  5. 職業

例えば、こんな感じです。

趣味でフラダンスをやっている30代主婦です。息子は3歳。ハワイアンミュージックも好きです。いつかハワイで踊るのが夢!

住んでいる地域:関東

性別や年齢など、自分の基本情報はシンプルに書いて、趣味については、少し詳しく説明するのがコツです。

Twitterでは、特定の年齢層や性別の人に限定して、仲間を探す人も多いですので、基本的な情報は、入れておいた方がいいです。

この例で言うと、同じく子持ちのフラダンス好きの女性から、フォローしてもらいやすくなるでしょう。

アイコン設定

まず、アイコンに画像が入っていないアカウントは、不審に思われることが多いですので、必ず設定することが大切です。

出来れば趣味に関連する写真やイラストがいいですが、著作権や肖像権には触れないように注意しましょう。

実際に、著作権や肖像権の侵害で、訴えられることは少ないかもしれませんが、そういう画像をアイコンに使っていることに、反感を持つ人も少なからずいるということを、忘れてはいけません。

また、フォロワーさんの中には、名前よりも、アイコンであなたを認識する人も多いですので、分かりやすい特徴のある画像がおすすめです。

さらに、自分のホームの背景も、趣味に関係する画像を設定出来れば、より良いです。

仲間が増えるTwitterの使い方

アカウントの基本的な設定が出来たら、早速使っていきましょう。

簡単に手順を紹介します。

1.趣味についてつぶやく

まず、1つもつぶやきのない人をフォローしたいと思う人はいませんので、趣味についてどんどん呟いていきましょう。

ネットニュースなどで、趣味についての有益な情報を見つけた時には、Twitterでそれをシェアしましょう。

2.情報源となるアカウントをフォローする

趣味について呟き始めるのと同時に、自分のTLに流れてきてほしい情報を発信するアカウントを、フォローしていきましょう。

まずは、公式アカウントですね。

好きな芸能人のことを呟くアカウントであれば、本人の公式アカウント、所属事務所の公式アカウント、出演しているドラマの公式アカウント、よく掲載される雑誌の公式アカウント、などです。

次に、公式ではないけれど、有益な情報を発信してくれているアカウントをフォローします。

有名なファンブログをやっている人のアカウントや、ネット中から関係のある記事などを探して、シェアしてくれているようなアカウントです。

3.仲間を探す

自分のTLがいい感じに仕上がってきたら、流れてくるツイートで面白いと思うものをRT(リツイート)したりしながら、仲間を探す作業に入っていきましょう。

仲間を見つけるには、何種類かの方法がありますが、私の場合は、主に以下の4つの方法で探しています。

  1. 公式アカウントのリプライ欄を見る
  2. Twitterの検索機能を使う
  3. ハッシュタグ検索を使う
  4. フォロワーさんのフォロワーさんから探す

まず、公式アカウントのツイートに返信をしている人たちは、基本的にファンの方が多いですので、リプライ欄を見て、気になった人のプロフィールをチェックしてみましょう。

また、Twitterの検索機能を使うことも出来ます。

例えば、「テニス 主婦」などのキーワードを入れて検索し、検索結果に「ユーザー」でフィルターをかけると、プロフィールに「テニス」と「主婦」という単語が入っている人だけが、表示されます。

次に、趣味仲間と繋がりたい場合の、ハッシュタグの例をあげると、こんな感じです。

  • #○○好きさんと繋がりたい
  • #○○好きと仲良くなりたい
  • #○○好き集まれ

どのジャンルの趣味かによって、よく使われる友達募集のハッシュタグの種類は変わってきますので、ネットなどで、前もって調べてみるとよいでしょう。

例えば、ジャニーズファンの場合、ファンの名称をハッシュタグに入れることが多いです。

嵐ファンの人のことは「あらしっく」と呼ばれますので、ハッシュタグは「#あらしっくと繋がりたい」 「#あらしっくさんと繋がりたい」 などになります。

Twitterの検索で、これらのハッシュタグ付きのツイートを流している人を探して、声をかけてみましょう。

もちろん、自分でこのハッシュタグを使ってツイートするのもおすすめですし、中にはプロフィールに、友達募集のハッシュタグを入れておく人もいます。

最後に、フォロワーさんのフォロワーさんには、やはり似たような趣味の方が多いですので、フォロワーさんがフォローしている人の中から、気になる人に声をかけるのもよいでしょう。

同性で趣味も同じだと、結構すぐに意気投合して、一緒にイベントに参加したりできるようになります。

ですので、将来的にフォロワーさんとオフライン(リアル)での付き合いもしていきたいと思う人は、最初から友達になりうる年齢層の人や、比較的近くに住んでいる人と、繋がるのがいいと思います。

ちなみに、私は年齢にはこだわらないので、母親と同い年の友達もいるんですけどね。

4. 繋がる

気になる人が見つかったら、どんどん声をかけていきましょう。

ハッシュタグなどを使って、友達を募集している人なら、「ぜひ繋がりたいです。フォローさせてもらってもよろしいですか?」と聞いてみましょう。

それ以外の人でも、「私も〇〇が趣味です。よろしかったら、フォローさせてください!」などという感じでツイートしてみましょう。

大切なのは、フォローする前に「フォローしてもいいですか?」と聞くことです。

プロフィールに「無言フォローOK」と書いてある人の場合も、今後深くつながりたいのであれば、フォロー後に一言「フォローさせていただきました。」と言っておくと、感じがいいです。

また、「深い関係を築く」ということに関連して、私がおすすめするのは、「ファーストコンタクトの段階で、距離を詰めておく」ということです。

まず、以下の2つを確認しましょう。

  1. 呼びタメOKか
  2. 何と呼べばいいか

呼びタメとは、「呼び捨てでタメ口で話す」ということです。

つまり、「敬称や敬語を使わないで、コミニケーションを取りましょう」ということです。

この時、「呼びタメ大丈夫ですか?」と相手に聞くのではなく、「よろしければ、私は呼びタメOKですので、気軽に話しかけてもらえると嬉しいです」などと、自分から相手を受け入れる感じで伝えると、より印象がいいと思います。

相手の方が、自分より年齢が上の場合もありますので、丁寧に会話を進めた方が上手く行きます。

そうすると、大体の人は「私も呼びタメOKです。よろしくお願いします」と、答えてくれます。

この時、アカウントの名前などを見て、「〇〇ちゃんとお呼びしていいですか?」と聞き、お互いの呼び方も確認しておきましょう。

最初にこの2つを確認していないと、頻繁に話すようになっても、ずーっと敬語で〇〇さんと呼ぶようになり、いつまでたっても、何となく距離が詰まらないままの状態に陥ってしまいます。

深い付き合いが出来る人を探している場合は、フォロワーを増やし過ぎるのもよくありません。

数を増やしても、人が日常的に会話を追いかけられる人の人数は、せいぜい10人ぐらいまでです。

私も、アカウントの規模を小さくしてからというもの、1人1人との会話の内容が濃くなり、結果的に、趣味以外のことまで話せる「親友」と呼べるような友達に、数人出会うことが出来ました!

Twitterのマナーについて

次に、Twitterで真剣に趣味仲間を探そうと思っている人が、「絶対にやらない方がいいこと」をご紹介します。

簡単に言えば、Twitter上でのマナーです。

一番大切なのは、実社会でやって「怖い」「気持ち悪い」「感じが悪い」「礼儀がない」と思われることは、やらないということです。

そうです。

Twitterは実社会そのものです。

例えば、以下のようなことは、避けるようにしましょう。

  • 無言フォローNGの人に無言でフォローする
  • いきなりタメ口で喋る
  • 声をかけず、勝手にフォローして、急に話しかける
  • 「はじめまして」のあいさつがない
  • 人を傷つける発言をする
  • 引用リツーイトで元のツイートのダメ出しをする

Twitterには、色んなアカウントがあります。

ですので、政府や社会、メディアなどを、厳しく批判するようなアカウントもたくさんありますよね。

そういうアカウントでは、過激な発言も多々見られますし、礼儀や常識も通用しない感じです。

しかし、趣味垢の目的は、趣味をより楽しむことです。そして、趣味仲間を見つけること。

顔が見えないからと言って、言いたいことを言いたいだけ言う人には、誰も寄ってきません。

「面と向かって言えないことは、Twitterでも言わない」、これが基本です。

これが出来ない人は、本当に仲のいい趣味仲間を、SNSで見つけることは難しいでしょう。

なんだか、むずかしそう。。。

文字に書きだすと、堅苦しい感じがしますが、要は、顔が見えていると思って、「思いやり」をもって、フォロワーさんと接することがポイントです。

自分の身を守って安全に楽しむ

最後に、SNS上では、自分の身を守ることも重要です。

そのためには、あらかじめ、自分なりのルールを決めておいて、それを守っていきましょう。

例えば・・・

  • フォロワーさんは同性に限定する
  • 明確な位置情報などを発信しない
  • 身バレするような発言をする人とはつながらない
  • 変なアカウントはすぐブロックする
  • 未成年の人とはつながらない

趣味によっては、学生さんと繋がることもあるかと思います。

ただ、趣味垢の場合、チケットの売買などで、金銭が絡む付き合いになる場合もありますので、未成年(特に小中学生)とのつながりには注意している人が多いと思います。

中には、親に内緒でSNSでチケットのやり取りをする人もいますし、もちろんチケット代も親のお金ですので、そこに巻き込まれないようにするためです。

しばらくTwitterをやっていると、「これは気を付けた方がいいな」と思うことが、必ず出てきますので、その都度、自分のルールを更新していくことが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

もしかしたら、「ちょっと、めんどくさいな」と、思った方もいるかもしれませんよね。

確かにSNSは実社会に比べると、とても自由ですが、本当に趣味を熱く語り合える仲間を作りたいと思ったら、やはり誠実である必要があります。

Twitterぐらい「愚痴りたい」「好きなだけ文句が言いたい」という人は、アカウントを分けましょう!

趣味垢は、あくまでも、楽しく趣味を語るための場所です。

今日ご紹介した方法で、ぜひ、フォロワーさんを増やしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました