冷え性や冬の免疫力アップにおすすめのハーブティーレシピ4

この記事は約6分で読めます。

こんにちは、Satoriです😊

とうとう2019年も残りあと数日です。

寒さも、どんどん厳しくなってきましたよね(汗)。

そこで今日は、冬を暖かく乗り切るために飲みたい、ハーブハーブティーのレシピを4つご紹介します。

冷え性を撃退して、風邪菌にも負けない、強い体を目指しましょう!

ミントティー

体が温まるハーブ

体温が下がると、免疫力が落ちますので、冬の「温活」は、寒い時期を元気に乗り切るためには、欠かせません。

その「温活」に使えるのが、体が温まるハーブです。

意外と身近なものが多いですので、すぐに、ハーブティーとして飲めますよ!

しょうが(ジンジャー)

まず、体が温まるハーブといえば、何と言っても、しょうがですよね。

冷え性は、血行不良が主な原因ですが、しょうがには、ショウガオールという、血行を良くしてくれる辛み成分が含まれています。

しょうがは、西洋問わず、冬季に一番大切なハーブの1つとして知られていますので、ジンジャーティーは、はずせません。

シナモン

アメリカでシナモンと言えば、ホリデーシーズンには欠かせないスパイスです。

偶然かもしれませんが、シナモンには血流をよくする効果があり、冬にはピッタリのハーブです。

シナモンは、古くからアジアなどで、血流不良、胃酸過多、食欲不振などに効果があるとして、薬のように使われてきました。

ターメリック

ターメリックは、血行を良くし、体の炎症を抑え、免疫機能を強化する効果があると言われています。

また、肝臓のデトックス効果もあり、美肌効果が望めるため、スーパーハーブとして、2010年代初めぐらいから、再注目されはじめました。

現在アメリカでは、一般的なスーパーにも、生のターメリックが売られているほど、浸透しているハーブです。

カルダモン

カルダモンは、シナモンと同じように、アメリカのホリデーシーズンには欠かせないスパイスです。

血行や代謝をよくしてくれるため、冷え性の改善、デトックス効果、消化不良の改善などが、期待できます。

カイエンペッパー

カイエンペッパーは、粉唐辛子の中でも、特に強い辛みがあります。

唐辛子の辛味成分である、カプサイシンは、防寒着の生地にも採用されるほど、体を温める効果が高いことで知られています。

血流を改善し、悪寒、鼻づまり、咳などの、風邪の初期症状の緩和にも効果的だと、いわれています。

ブラックペッパー

ブラックペッパー(黒こしょう)は、体内の血流を促進し、体を芯から温めてくれる効果があります。

血流改善による、筋肉痛の軽減にも効果があると言われています。

筋肉の疲れには、ブラックペッパーのエッセンシャルオイルで、患部を直接マッサージすることもできます。

体が温まるハーブティーレシピ4

ティーラテ

正直、「ハーブティーは苦手」という人も多いですよね。

確かに、独特の香りがするものも多いですし、ティーバッグにお湯を注いでそのまま飲むと、なんとなく味気なく感じてしまうかもしれません。

そこで、今回は、飲みたくなる、美味しいレシピばかりを集めました。

簡単に出来ますので、ぜひ試してみてください。

ターメリックジンジャーティー

冬の最強ハーブともいえる、ターメリックとしょうがを使ったレシピです。

体が温まるほか、体内の炎症を抑え、免疫力をUPして、風邪菌に負けない体を作る、助けをしてくれます。

材料

  • しょうが 小さじ1(私は短冊切り)
  • ターメリック 小さじ1
  • 水 4カップ
  • レモン汁 少々

作り方

  1. レモン以外の材料を全て鍋に入れ、15分ほど煮る
  2. 火を止めて生姜をこし、ティーカップに注ぐ
  3. お好みでレモン汁を搾り入れて飲んで下さい
実は、しょうがをお湯で煮て出来る、煮汁がジンジャーティーなんですよね。

生のしょうがを使うと、結構辛いですので、飲めなければ、お湯を足すか、甘味料などで調節してくださいね。

シナモンローズヒップティー

ローズヒップは、サクランボ位の大きさをした果物で、第二次世界大戦中のアメリカでは、入手が難しかった柑橘類の代わりに、ビタミンC源として栽培&摂取されていました。

同じくビタミンCを豊富に含むオレンジに、体を温める効果があるシナモンをプラスして、免疫力UPも狙えます。

材料

  • ローズヒップティー 大さじ2(ティーバッグ2袋)
  • オレンジ 2~3スライス
  • セイロンシナモン 1本
  • 水 3~4カップ

作り方

  1. 鍋で水を沸かし、沸騰したら火を止める
  2. 全ての材料を入れ、蓋ををする
  3. そのまま30分蒸らして完成
シナモンは、「セイロン」シナモンを、選ぶようにしましょう。

一般的に安く売られているシナモンは、「カシア」シナモンと呼ばれています。

カシアシナモンには、クマリンという自然毒が多く含まれています。

中毒症状が出るほどの、大量摂取は難しいと思いますが、肝臓の負担にもなりますので、出来ればセイロンシナモンを探してみてください。

セイロンシナモンの方が上品な香りで、飲みやすいですよ!

ホーリーバジルチャイ

ホーリーバジルティー

冬と言えば、チャイですよね!

ホーリーバジル(トゥルシー)は、私が、「リラックス効果が、一番高い」と思っている、アーユルベーダのハーブです。

セイロンシナモンやカルダモンなどの、血行を良くしてくれるハーブと一緒に飲めば、心からあたたまること、間違いなしです。

材料

  • ホーリーバジル 大さじ2(ティーバッグ2袋)
  • セイロンシナモンパウダー 小さじ1
  • フェンネルシード 小さじ1
  • カルダモン 小さじ1
  • クローブ 小さじ1/2
  • バニラパウダー 1つまみ
  • 水 500ml

作り方

  1. 全ての材料を鍋に入れる
  2. 沸騰したら弱火で20分煮る
  3. スパイス類をこして、完成
チャイティーラテにしたい人は、牛乳、豆乳、ナッツミルクなどを足してください。

ミントラベンダーティー

こちらは、先ほどご紹介した、体を温めるハーブは入っていませんが、寒くて寝付けない冬の夜におすすめです。

ラベンダーにはストレスを放出し、心を落ち着かせてくれる作用のほか、寝つきをよくしてくれる効果もあります。

また、ペパーミントは筋肉の疲れをほぐし、鼻通りもよくしてくれます。

リラックスした、幸せな気持ちで、ベッドに入りたい人に、おすすめです!

材料

  • ペパーミント 大さじ2(ティーバッグ2袋)
  • ラベンダー 大さじ2
  • 水 3~4カップ

作り方

  1. 空のティーポットに全ての材料を入れる
  2. (1)の上から、沸騰したお湯を注ぐ
  3. 5分蒸らして、こせば完成
生のペパーミントを使う場合の分量は、目分量ですが、一掴みです。

よりマイルドで「甘い」のがお好みの方は、カモミールティーで割っても美味しいです。

甘味料

ハーブティーを甘くしたい場合は、下記の甘味料が、健康的でおすすめです。

  • はちみつ(喉の保湿効果、風邪予防)
  • メープルシロップ、ココナッツシュガー(ヴィーガン)
  • ステビア、ラカント(糖質制限)

まとめ

いかがだったでしょうか。

厚着やヒーターの乾燥にうんざりしている人は、ぜひハーブティーで、体の芯から温まってくださいね。

しょうがやシナモンなど、キッチンに既にあるハーブやスパイスで、ハーブティーが楽しめるのはうれしいですよね!

私も、そろそろ、ティータイムにします。

それでは、また次回☆

タイトルとURLをコピーしました