ゆっくりペースで更新中です。

本当は「入れてOK」なスムージーの材料9種

この記事は約6分で読めます。

スムージーのような、野菜と果物をブレンダーに入れて混ぜるだけのシンプルな飲み物でも、いざ作ってみると色んな疑問が出てきますよね。

特に、材料については初心者にはよく分からないことがたくさんあります。

私が10年以上前にスムージーを作り始めた時にも、同じ食材なのに「入れてOK」と言う人と、「絶対に避けてください」と言う人がいて、かなり混乱しました。

医師や栄養士さんが書いている本も手に取りましたが、読み進めていくうちに「この人自身はスムージーを飲んでいないんだな」と気づくことも多く、中々リアルな情報にたどり着けずに苦労しました。

そこで今日は、私の経験からの学びをまじえつつ、ちまたで「入れてはいけない」と噂されている9つのスムージー食材について分かりやすく解説していきたいと思います。

まず、迷う人がとても多い氷ですが、氷は入れてOKです。

アメリカでグリーンスムージーが一般家庭に初めて紹介された1940年代にも、氷はレシピの材料に含まれていました。

ただ、生の野菜や果物はもともと体を冷やす食材ですので、「冷え取り」を実践している人や冷え性の人、また寒い時期には氷の使用は避けた方がいいかもしれません、ということです。

「絶対に入れちゃダメ」という決まりはどこにもありません。

体が冷えると免疫力も下がりますので、自分の体調や気候に合わせて、入れるか入れないかを判断してみてくださいね。

ちなみに、「体を冷やすと健康に悪い」というのは主に東洋医学の考えですので、アメリカでは「氷入れる VS 氷入れない」論争のようなものは存在していません。

なんだか、不思議ですよね!?

水以外の液体

スムージーに入れる材料の中でも、一番誤解があるのが水以外の液体ではないかと思いますが、こちらも入れてOKです。

豆乳やジュースなど、なんでも大丈夫です。

水以外の液体がNGなのは、断食やデトックスで、3食スムージーだけを飲んでいるような時だけです。

スムージー断食(デトックス)とは、一定の期間(通常1日〜数日)、野菜、果物、水だけを摂取する健康法です。

その他の食品すべてを食事から排除することによって、胃を休ませ、腸の調子を整え、体のデトックス力(解毒力)をアップさせる効果を狙って、おこなわれるものです。

ですので、デトックス中は「水以外はNG」とされることが多いです。もちろん、例外もありますけどね。

ということで、野菜の摂取やダイエットなど、断食やデトックス以外の目的でスムージーを飲んでいる場合は、何の液体を入れても大丈夫ですよ。

栄養のバランスやカロリーを考えて、自分の目的にあった液体材料を使ってみてください。

私のおすすめは、ハーブティーや抹茶。ほうじ茶や麦茶も香ばしい感じがいいよね!

凍らせた野菜や果物

凍らせた野菜や果物も、氷と同じくスムージーに入れて大丈夫です。

凍らせることで、色んな材料を入れなくても、もったりとした「シェイク」のような舌触りになるので、よりデザート感覚で飲める美味しいスムージーになります。

氷と同じく、体の冷えが気になる人は控えてくださいね。

スパイス類や塩

スパイス類や塩も、入れても問題ありません。

先ほどもお話ししましたが、デトックスでスムージーを飲んでいる時は避けるべき材料ではありますが、それ以外の時であれば大丈夫です。

塩は少し入れると野菜や果物の甘味を引き出してくれるので、果物少なめのスムージーにもおすすめです。また、シナモンは体を温める効果があり、カイエンペッパー(粉唐辛子)は肝臓のデトックスにも良いと言われています。

同じ材料でもスパイスを変えるだけで風味が変わるので、スムージーのマンネリ脱却にも最適な材料です。

甘味料

健康や美容のためにスムージーを飲んでいる人が多いと思うので、甘味料を入れる人は少ないかもしれませんが、入れてダメと言うことはありません。

初心者の方でどうしても野菜の青臭さが苦手な人や、デザート感覚のスムージーを作りたい時には、はちみつやメープルシロップなど、最低限の加工しか施されていない、ナチュラルな甘味料を試してみてください。

白砂糖などの漂白加工を繰り返した栄養分のない甘味料はNGですよ! せっかくのヘルシードリンクが台なしになってしまいます。

糖質制限をしている人は、ステビアやラカントを使う手もありますね。

一番いいのは、熟した果物を使うことだよ。青い果物はスムージーにしてたくさん飲むと、消化不良の原因にもなるので注意が必要!

スーパーフード

「スーパーフードを入れるなんて邪道」と言う人もいますが、これも基本的には、スムージー断食以外の目的で飲む場合には、入れるか入れないかは個人の自由です。

クロレラ、スピルリナ、アサイー、カカオパウダー、ココナッツオイル、チアシード、フラックスシード、カムカムベリー、モリンガ、ノニ、、、、なんでも大丈夫です(笑)。

スーパーハーブ

スーパーハーブや漢方類も、スーパーフードと同じく、スムージーに入れてはいけないというルールはありません。

ただし、スーパーハーブや漢方類の中には、お湯で成分を抽出するタイプのものもあると思います。その場合、直接ブレンダーに入れるのではなく、お湯で漢方液を作ってから入れるか、もしくは別々に飲んだ方が安全ですね。

ものによっては結構お値段が張りますので、摂取方法には注意したいところです。

プロテインパウダー

プロテインパウダーも、人気のスムージー材料の1つです。デトックスやカロリー制限には向いていませんが、スムージーに入れること自体には問題はありません。

少量で比較的高カロリーですので、ダイエット中の人は入れる分量に注意が必要ですが、タンパク質は野菜や果物に含まれる糖質に比べて腹持ちがいいので、すぐお腹が空いてしまう人にもおすすめです。

プロテインパウダーを選ぶ時のコツは、砂糖や人工甘味料、その他の添加物が入ってないものを探すことです。せっかくスムージーでホールフード(野菜や果物そのもの)を沢山食べる努力をしていますので、体に悪いものは避けましょう。

サプリメント

ビタミンやミネラルなどのサプリメントも、粉末や液状のものなら入れて問題ありません。

ただ、ボトルに書いてある注意書きはよく読んでくださいね。「食事と一緒に」と書いてあるものであれば問題ありませんが、食前、食後、または空腹時に飲むように説明があるものも多いと思います。

サプリメントも続けるのは安くありませんから、出来るだけ吸収率が上がるベストなタイミングでで飲みたいですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか。ネットでは、断食やデトックスの際に用いる厳し目のルールが、すべてのスムージーに当てはまると勘違いして書かれている記事がたくさんあります。

でも、実際には全然そんなことはありません。スムージーはもっと自由なドリンクです。

野菜不足を解消したい、食事とスムージーを置き換えたい、ダイエットに利用したいなど、スムージーを飲む目的は様々だと思います。ですので、あなたの目的にハマるように、材料も好きにアレンジしてください!

そうすれば、きっともっと楽しんでスムージー生活を続けられると思いますよ。

みなさんが、求めている材料の組み合わせに出会えますように!

おまけ(セレブのレシピにご用心)

スムージーを自分の目的に合った材料でアレンジしていくお話をしましたが、海外セレブやスーパーモデルの目的は何だと思いますか?

おそらく、肌やスタイルを良くするためですよね。

そこであなたは、「私の目的と同じだから、彼女のレシピをマネしよう!」と思うわけですが、ちょっと待ってください!

世界中で活躍する女優さんやモデルさんは、忙しい仕事の合間にジム通いを欠かさず、さらには同時進行で子育てをしている人もいます。つまり、彼女たちの生活は、一般人の何倍もアクティブなんですよね。言い換えると、活動量が多いということです。

このため、セレブが紹介しているスムージーには、カロリーが高いものも多いです。レシピを試してみるのは良いですが、毎日飲んでいると太ってしまう可能性もあります。

他人のレシピは、自分の活動量に合わせてアレンジするのがおすすめですよ! 貴重なセレブのスムージーレシピなので、賢く取り入れて、効率よくキレイになりましょう。

タイトルとURLをコピーしました